光文社新書<br> 子ども若者抑圧社会・日本―社会を変える民主主義とは何か

個数:
電子版価格
¥946
  • 電書あり

光文社新書
子ども若者抑圧社会・日本―社会を変える民主主義とは何か

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月23日 05時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 240p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334102500
  • NDC分類 367.6
  • Cコード C0236

出版社内容情報

変化の激しい時代に旧来の価値観で政治が行われ、閉塞感が漂う日本。先進諸国で若い政治リーダーが台頭している中、なぜ日本だけ変われないのか?「子どもや若者は未熟な存在」とみなし、政治参加はもちろん、社会への参画も認められず、「ブラック校則」などで徹底的に管理される現状を問い、若者が社会の一員として主体的に扱われる他国の実情や若者が参加できる成熟した民主主義を示す。

内容説明

日常的に変化を起こしていくために必要なのは、民主主義の強化であり、若者に権限を与えていくことである。一部の人たちだけで勝手に決めていくのではなく、対話を通して、様々な人々の課題や不満を日常的に解消していく。そして、新しい価値観を持った、これからの社会を担う若者が意思決定に参加できるよう、権限を渡していく。現状、日本の政治は高齢者が大きな権限を持っているが、若者は25歳あるいは30歳になるまで、選挙に出馬することもできない。被選挙権年齢が25歳と30歳に設定されているからである。ジェンダーや多様性、テクノロジーなど、変化の激しい時代になっているにもかかわらず、新しい価値観や経験を持った若い世代が意思決定に関われていない。それこそが、日本の低迷の大きな理由ではないだろうか。

目次

第1章 25歳まで選挙に出馬できない日本の若者
第2章 子どもの人権が認められていない?日本の学校
第3章 子どもの権利を尊重する海外の取り組み
第4章 権力者にとって都合の良い日本の「民主主義」
第5章 欧州の民主主義教育
第6章 社会を変えるための「武器」を渡そう

著者等紹介

室橋祐貴[ムロハシユウキ]
1988年、神奈川県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。同大学大学院政策・メディア研究科修士課程中退。大学在学中からITスタートアップの立ち上げに携わり、BUSINESS INSIDER JAPANで記者、大学院で研究等に従事。専門・関心領域は政策決定過程、民主主義、デジタルガバメント、社会保障、労働政策、若者の政治参画など。2015年、若者の声を政治に反映させる「日本若者協議会」を設立。同団体の代表理事として活動。超党派の若者団体として、政治・政策への提言などを行う。文部科学省「高等教育の就学支援制度の在り方検討会議」委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

skunk_c

67
表題ほどネガティヴではなく、民主制先進地域のヨーロッパ、特に北欧の子どもや若者がどのように自分の意思を学校や社会に反映させるしくみがあるかを、取材に基づき明らかにした部分がメイン。日本の主権者教育は父権主義に陥っており、道徳教育という「規範を押しつける」ものが中心なのと対照的。長く現場にいるものとして身につまされるが、著者は個々の現場で働くものに対する管理強化も問題視していて、かなり本質を理解されているなと思った。重要なのは制度的な整備で、それを下からどのようにやるかまで解説されていた。教員が読むべき書。2024/05/26

よっち

34
先進諸国で若い政治リーダーが台頭している中、なぜ日本だけ変われないのか?変化の激しい時代に旧来の価値観で政治が行われ、閉塞感が漂う日本の現状を問う1冊。他の先進国の被選挙権年齢がどんどん下がっていく中で、投票は期待されてもデモは期待されない日本の若者の政治参加の現状。ブラック校則や部活の強制参加、過度に競争的な教育システムを構築していった学習指導要領の改定があって、紹介される海外の事例と比べるとだいぶ窮屈な印象は持つものの、自由になれば解決するような単純なものでもなさそうで、少しずつ意識改革も必要ですね。2024/04/09

nnnともろー

5
他の先進諸国とは真逆の市民教育をしている日本。権力者にとって都合の良い民主主義。少しずつ変化してきていることは確か。手遅れにならないように。2024/05/20

お抹茶

2
日本では社会が主体で,子供・若者を「問題を抱える存在」として認識し,支援・保護の対象として見てこず権利の主体として扱われてこなかった。大人が期待した行動を子供・若者に求めるパターナリズムの考え方が根底にあるから,主体的に社会や政治に参加する若者は育たない。2000年代には校長の権限と生徒の行動を縛る管理教育が強化された。日本では現場の教育を信頼せず,政治的中立性はさまざまな立場を取り扱うのではなく立場の分かれる現実的事象を取り扱わないことと認識されている。北欧やドイツで取材した政治教育と日本は大きく違う。2024/06/24

luckyair

2
斜め読み。学校教育だけでなく、選挙制度にも抑圧の影が。ドイツの政治教育の指針になっているボイテルスバッハ・コンセンサス。意見が分かれる現実の政治問題を扱う際には、対立する様々な考え方を取り上げて、生徒に考えさせ、その上で生徒一人ひとりの意見を尊重すること、これが守られていば問題ないとされている。日本と異なり、教員が自分の考えを述べることは禁止されておらず、教員の意見は、多様な意見の一つでしかない。成績もはっきり自分の意見を持っており、根拠を示せたかで評価される。★★★2024/06/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21832787
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。