光文社新書<br> 腸と森の「土」を育てる―微生物が健康にする人と環境

個数:
電子版価格 ¥1,012
  • 電書あり

光文社新書
腸と森の「土」を育てる―微生物が健康にする人と環境

  • 提携先に29冊在庫がございます。(2024年02月23日 18時34分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 336p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334045562
  • NDC分類 498.4
  • Cコード C0240

出版社内容情報

腸内環境と人間との関連性や、人と地球の土を同時に改良し、再接続する食べ物を選択することの重要性と具体的方法を説く。

内容説明

人にとって最も身近な自然環境は「腸内環境」であり、そこは人が根を下ろす「土」にあたる。土壌に暮らす微生物が、食べ物と共に腸内に移住したものが腸内細菌の起源であり、人は今でも「食べる」ことを通して、外的な環境と接続しているのだ。日々の食べ物が腸内の土作りの材料になり、消化や腸内細菌による発酵を通じ栄養豊かな土となる。それはまるで、森の落ち葉や動物の死骸から腐植土が作られるシステムと同じである。本書では近年明らかになっている腸内環境と心身の不調との関連について、最新情報を伝えつつ、人と地球の土を同時に改良する食べ物の選択の重要性と具体的方法を「プラネタリーヘルス」の観点から説く。近代農法や畜産が環境に与える甚大な影響と、それを解決する農業や食の未来も伝える。

目次

第1章 人は森であり、腸内に土を持つ
第2章 消化管で人は自然とつながっている
第3章 腸内の土の悪化が、心身にもたらす病(腸と心身とのネットワーク関係;腸内細菌と心身の疾患の具体的な関連)
第4章 食と農業の選択で、土の未来を変える(人が与えている、甚大な環境負荷;未来と健康を変える「食と農業」)
第5章 微生物で接続する、腸と土、人と自然―食の選択・ライフスタイル編(腸内の土壌を改良する食の選択;プロバイオティクス―腸と自然をつなぐ発酵食品;プレバイオティクス―腸内の有用菌を育成する;サスティナブルなタンパク源の選択;あなたの腸内の土壌環境を知る;食べ物を大切にする、土に還る)

著者等紹介

桐村里紗[キリムラリサ]
1980年岡山県生まれ。2004年愛媛大学医学部医学科卒。内科医・認定産業医。tenrai株式会社代表取締役医師。臨床現場において最新の分子整合栄養学やバイオロジカル医療・腸内フローラ研究などをもとにした予防医療、生活習慣病から終末期医療まで幅広く診療経験を積む。生命科学、常在細菌学、意識科学、人文科学、最新の数理学などをもとにヘルスケアの意味を再定義し、食や農業、環境問題への洞察をもとに人と地球全体の健康を実現する「プラネタリーヘルスケア」をはじめ、最新のヘルスケア・ウェルネス情報をさまざまなメディアを通じ発信している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

けんとまん1007

61
微生物の存在は、自分が思っている以上に大きなものがある。人の体内にもあるし、土の中にもある。あるというか、不可欠なものだと思う。人は食物をとることで、命をつないでいる。それは、1個人としてだけなく、世代をつなぐという意味においてもだ。自家菜園をやっているので、土のことは気にしているし、作る野菜にも気を配っている。自分や家族が安心して食べることのために、できることはやっている。農薬を使わないこと、有機肥料や堆肥もそうだ。いろいろ考える材料がある。2023/01/06

tamami

56
腸と森、という組み合わせが珍しく手に取る。地球の緑が土という培地から養分を受け取り育つように、人は腸という臓器を通して栄養をもらい生きている。著者は、類似する二つの仕組み、土が生命を支え、腸が身体を生かしているということの本質を、「人は自然であり、腸内に土を持つ」「腸内の土の悪化が、心身にもたらす病」等の章立てで繰り返し説くとともに、将来の自分の身体や地球の自然の再生に向けて取り組むべき方向、事柄を示す。一人の食がもたらす可能性はごく僅かでも、多くの人々が毎日繰り返す「食」の選択は、時を経て大きな影響を→2021/08/31

ぱるる

46
人の食べ物から栄養を摂るシステムが森の落ち葉や動物の死骸から腐葉土が作られるシステムと同じということにまずはっとさせられた。心身の不調は腸内環境の悪化によるところが大きいこと。私たちの日々の食の選択が農業や畜産を通して地球の土にも甚大な影響を与えると同時に「腸の中の土」にも影響を与えていること。温室効果ガス削減にはエネルギー問題より何より食糧分野の解決策のほうがより有効であること。「微生物と共に生きる」選択が鍵であること。断片的な知識がつながる多くの学びがある良書でした。おすすめです。2022/11/19

T2y@

40
良書! ‘’人は森であり、腹に土を内包している。‘’ 偏った動植物の接種を改善する「プラネタリーヘルスダイエット」で身体と生態系のアンバランス改善。 内なる腸環境と、外的自然環境の関係。そして生態系多様性の重要度。まさに腹落ち。2021/12/09

りょうみや

25
人の心身の健康も腸内細菌が根本だということが明らかにされ、環境も「土」すなわち微生物の影響は大きくこれまで軽視されてきた。これらの微生物に優しく育むことを考えれば自然と人は幸福になるしSDGsも達成に近づくということになる。これらを多くの例を用いて解説している。それらの実行策について著者の考えもここまでやるのかというくらい書かれている。理念はその方向に良いのだろうけど、言うは易く行うは難し。2023/07/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18453152
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。