光文社新書<br> お笑い世代論―ドリフから霜降り明星まで

個数:
電子版価格 ¥1,012
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社新書
お笑い世代論―ドリフから霜降り明星まで

  • ラリー遠田【著】
  • 価格 ¥1,012(本体¥920)
  • 光文社(2021/04発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 45pt
  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年11月28日 03時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 291p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334045357
  • NDC分類 779.14
  • Cコード C0276

出版社内容情報

ザ・ドリフターズや萩本欽一から、ビートたけしを経て、とんねるず、ダウンタウン…と各世代のポイントなる芸人を群像劇として活写する。

内容説明

「売れた」芸人たちの栄枯盛衰の物語。「世代」で読みとくもう一つの戦後史。

目次

第1章 第一世代―いかりや長介と欽ちゃんが「テレビ芸」を作った
第2章 第二世代―「団塊世代」のたけし、「シラケ世代」のさんま
第3章 第三世代―「新人類」としてのとんねるず、ダウンタウン
第4章 第四世代・第五世代―スター不在の群雄割拠時代
第5章 第六世代―テレビへの憧れと挫折
第6章 第七世代―デジタルネイティブ世代が新時代を作る

著者等紹介

ラリー遠田[ラリートオダ]
1979年生まれ。東京大学文学部卒業。専攻は哲学。テレビ番組制作会社勤務を経て、お笑い評論家に。テレビ・お笑いに関する取材、執筆、イベント主催など、多岐にわたる活動を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ma-bo

55
お笑い評論家のラリー遠田さんがお笑いの第1~第7世代を世代別に区切って解説。テレビ世代の私としては、第1がドリフターズ・欽ちゃん、第2が明石家さんま、ビートたけし等、第3はダウンタウン、ウッチャンナンチャン、とんねるず、第4はナイティナイン、爆笑問題あたりはよくわかる。 最近話題になっているので、霜降り明星・EXITあたりが第7世代というのもOK。第5・6世代あたりが一番曖昧なのかな。この世代が曖昧なのは、第2~4世代が今でも活躍していること、テレビ以外に活躍の場を求める様になった事もあるのだろう。2021/05/22

gtn

31
霜降り明星せいやが何気なく使い出し、日常語となった「お笑い第七世代」という言葉を踏まえ、第一世代から年代別に分類し、考証する著者。初めてテレビを主戦場にすることに成功した第一世代のドリフや欽ちゃん、テレビ至上主義の第二世代さんま、制約の多いテレビに固執しない第六、第七世代等、その分析に同感。吉本天然素材が活躍していた頃、芸人がアイドル化し、一切ギャグをいわず、努めて普通のコメントをする若手芸人が確かにいた。それが苦々しかったことを久しぶりに思い出す。2021/07/25

メタボン

29
☆☆☆☆ 本来「お笑い」を世代でくくるというのはナンセンスだとも思うが、「TV」の盛衰と、他のメディアの台頭という切り口を用意することによって、鮮やかなお笑い評論となっている。全員集合、欽ドン、ひょうきん族、ねるとん、電波少年が、私の世代にとってのバラエティー番組の代表。ロンドンハーツ、メチャいけ、はねるのトびらぐらいから離れていき、第七世代に至っては全く知らない。霜降り明星、EXIT、四千頭身、ペコパなど、改めて今のお笑いに触れてみたいとおもった。2021/07/23

遊々亭おさる

28
テレビが娯楽の王様の地位を確立するとお笑い芸人にとっての成功とはテレビで活躍する事となる。萩本欽一やいかりや長介の戦前・戦中世代は今のバラエティ番組のフォーマットとなるテレビだからこそ通用する『テレビ芸』を発明し、団塊世代とシラケ世代のビートたけしや明石家さんまがテレビ芸をより洗練させた形で進化させた。新人類世代のとんねるずやダウンタウンは伝統のしがらみから脱却して新しい笑いの標準を作り上げた。そしてテレビにとっての黒船である動画配信サービスが新しい波を連れてくる。お笑いから見たテレビ史として面白く読了。2021/08/30

nishiyan

14
テレビ芸を軸にドリフターズから霜降り明星までを第一から第七までの世代に区切って解説した世代論。デビュー年ではなく生まれた年で設定したことでより際立った印象。いかりや長介や萩本欽一ら第一世代はテレビ芸を作った世代。明石家さんま、ビートたけしは師弟制度を経験し、テレビ黄金期を作り上げた世代。とんねるず、ダウンタウンは素人芸とお笑い学校出身で天下を取った等々。ナイナイやロンブー以降になると上の世代が引退しないことでテレビ以外に活躍の場を求めるようになるというのは興味深い。ポストテレビ芸は何になるのか気になった。2021/04/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17854949

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。