光文社新書<br> 相続地獄―残った家族が困らない終活入門

個数:
電子版価格 ¥836
  • 電書あり

光文社新書
相続地獄―残った家族が困らない終活入門

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年02月29日 07時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 188p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334045180
  • NDC分類 324.7
  • Cコード C0236

出版社内容情報

売れっ子作家として忙しい著者に降りかかった、父親の死。誰からも迷惑をかけられず、誰にも迷惑をかけない森永流・身じまいの方法。

内容説明

父が亡くなってから10カ月、“地獄の泥沼”をさまよい歩いた―自分と家族を守るための、新時代の「相続の教科書」!

目次

第1章 「相続」は突然やってくる
第2章 今日から始める「生前整理」
第3章 ここがおかしい相続税
第4章 財産キープのルール
第5章 相続放棄プロジェクト
第6章 人生の仕舞い支度

著者等紹介

森永卓郎[モリナガタクロウ]
1957年7月12日、東京都目黒区生まれ。東京大学経済学部経済学科卒業。日本専売公社、日本経済研究センター、経済企画庁での勤務を経て、91年より三和総合研究所(現・三菱UFJリサーチ&コンサルティング)研究員。2006年より獨協大学経済学部教授を務める。専門分野はマクロ経済学、計量経済学、労働経済学、教育計画。ミニカー三万台のコレクターとしても名を知られ、埼玉県所沢市に私設博物館「B宝館」を開館した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kawa

45
本書執筆の動機は、著者のお父さんの相続手続きが大変だったことからだそうだ。確かに亡くなった方の銀行預金の始末ひとつとっても中々手間のかかることで大変な昨今、身内に高齢家族がいる人にとって読んでおいて損のない一冊。やや盛りぎみな表現や不正確な記述は気になるが、話題が多岐にわたり飽きることなくサクサク読了できる。ところで、経済アナリストである著者、親の介護費用がドンぶりで後からいくら使ったかわからない…、には笑える。マクロは得意でもミクロは不得手ということですか。正に灯台下暗し、ありがちな話しですが…、2021/03/27

gtn

32
親の財産は放棄しよう、自分の財産は、配偶者に最低必要な分を除き、どこかに寄付しようという思いを強くする。身内に要らぬ気苦労をさせないために。2022/02/21

おにぎり

27
二度と経験したくない相続手続きの苦労話がわりと読みやすかった。空襲で焼けた戸籍謄本の消失証明書なんて笑い事に近い。自分の家の一部を開放してセミナーハウス、カフェや水族館にしている人がいるなんてどれだけの富裕層なのか。要は家というものは住む人がいないと急速に廃れていくということ。介護やお墓と深刻な問題が続いたが後半は農耕談議に変遷し、一度きりの人生やりたいことは何でも始めてみることが理想の人生であると締めくくっている。そういえば、やりたいこととは何なのか考え耽ってしまう。2023/01/08

ヒデキ

21
介護から相続へ 高齢の親を抱える人たちの心構えを 森永さんのご両親の介護から 説明してくれています まずは、肉親とのコミュニケーションの大事さが 一番ですね。 ここも森永さんが自身の体験を語ってくれています 2021/02/19

カタコッタ

17
私自身高齢になった夫の母と同居しているので、著者の気持ちはよく分かります。とても興味深く読みました。お金は有れば有るだけ相続の時には厄介なのが実感出来ました。そして土地と建物も。もう物に縛りつけられる生活は考えものです。はやく、身体が動く内にサッパリしたい。著者と同じ様に私も小さいながら庭先の畑を夫婦でやっています。私は草引きと収穫専門です。こんな所からも草が生える、つまらない事でクヨクヨするのがバカらしくなってきます。アロマより身体に優しいのが土と戯れることでした。お金より、我が家のトマトが今は大事。2021/07/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17327116
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。