光文社新書<br> 夢中力

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

光文社新書
夢中力

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月05日 23時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 233p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334044985
  • NDC分類 159
  • Cコード C0295

出版社内容情報

ITと野球。全く違う分野の両者は、意外にも似た思想を持つ。「生きること」に貪欲な2人の「ポジティブ思考」に勇気をもらう。

内容説明

ITと野球。全く異なる分野で活躍する二人には共通項が多い。情報を武器にし、時間を効率的に使い、積極的に投資する。そして、「好きなこと」をとことん追求する生き様。何かに夢中になり心血を注いでいる人にかなうものはない。2004年の球界再編時に両者は出会ってから互いに尊敬の念を抱いてきた。第一線で数々の実績をあげた彼らの独自の思想を、トピックごとに紹介。舞台は違っても考え方が似るということは、成功の条件は一つの証。突き抜けた二つの生き方に触れる贅沢な読書体験。

目次

第1章 「情報」の巻―堀江 答えはインターネットにある/野村 データ重視の「ID野球」
第2章 「ブランド」の巻―堀江 日本の最高学府・東大に入学&退学/野村 プロ野球監督を2度辞任
第3章 「常識」の巻―堀江 あらゆる前提を疑え/野村 「固定観念」は悪、「先入観」は罪
第4章 「信用」の巻―堀江 「小さな成功体験」が自信になる/野村 「地位」が人を創る
第5章 「働く」の巻―堀江 好きなことを仕事にする/野村 野村克也-野球=0
第6章 「カネ」の巻―堀江 稼いだものは使え/野村 「貯金」から「投資」しながら戦う
第7章 「時間」の巻―堀江 仕事に没頭し、死を考えない/野村 死ぬまで働き続ける
第8章 「生き方」の巻―堀江 ゴルフのパットは強めに/野村 最下位チームの監督を引き受けて優勝
第9章 「選択」の巻―堀江 片方を捨てる「トレードオフ」/野村 勝負ごとは「決断」の連続
延長戦 育成、球団構想―堀江 プロ野球を16球団にする/野村 四国に新球団設立を!

著者等紹介

堀江貴文[ホリエタカフミ]
1972年、福岡県生まれ。現在はロケットエンジン開発や、アプリのプロデュース、また予防医療普及協会の設立に携わり予防医療を啓蒙する等、様々な分野で活動する

野村克也[ノムラカツヤ]
1935年、京都府生まれ。右投げ右打ち。捕手、監督。27年間の選手生活で通算3017試合2901安打、打率.277、657本塁打、117盗塁。タイトルはMVP5度、三冠王1度、本塁打王9度、ベストナイン19度。’70年~’77年に南海(プレーイング・マネージャー)、’90年~’98年にヤクルト、’99年~2001年に阪神、’06年~’09年に楽天と、監督を歴任。24年間の監督生活でリーグ優勝5度、日本一3度。’20年2月11日逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Risuke Koshiba

10
堀江氏と野村氏の考えが42項目にわたって併記されている。対談前に野村氏が亡くなられたため、このような構成になったわけだが、正直物足りなさがあった。堀江氏と野村氏の対談を読んでみたかったので、とても残念だ。2022/08/21

復活!! あくびちゃん!

6
堀江氏が言う様に、対談ではなかった(できなかった)ため、無理やり2人の主張の似たところを合わせた様な本で少し残念。対談であれば、もう少し違う面が見れただろうと思う。ところで、ノムさんは天国で新庄の監督就任について、なんてボヤいててるのやら…。2021/11/02

Gondo Yasunori

5
「全く異なる分野で活躍する二人には共通項が多い。情報を武器にし、時間を効率的に使い、積極的に投資する。好きなことをとことん追求する生き様」 メディアで知るだけの情報では二人の思想や哲学を学べない。数々の実績の裏にある哲学を共通項として見ることがてきるので理解が増す。2021/08/14

とびを

4
これは面白い2020/11/13

saboshi

3
好きな2人のコラボとなれば読むよな。生きているうちに対談して欲しかった。2021/01/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16815456
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。