光文社新書<br> 日本の少子化対策はなぜ失敗したのか?―結婚・出産が回避される本当の原因

個数:
電子版価格 ¥858
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社新書
日本の少子化対策はなぜ失敗したのか?―結婚・出産が回避される本当の原因

  • 山田 昌弘【著】
  • 価格 ¥858(本体¥780)
  • 光文社(2020/05発売)
  • ウェブストア ポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 35pt
  • ウェブストアに27冊在庫がございます。(2020年07月15日 14時37分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 200p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334044688
  • NDC分類 334.31
  • Cコード C0236

内容説明

「1.57ショック」(1990年)から30年もの間、出生率が低迷している日本。当然の結果として、21世紀に入り人口減少が始まっている。欧米人からは「なぜ日本は少子化対策をしてこなかったのか」と驚かれる。一方、アジアの国々の人からは「日本のようにならないためにはどうすればよいか」と聞かれる。日本を反面教師としようとしているのである。家族社会学者である著者は、日本の少子化対策が事実上失敗に終わっているのは、未婚者の心と現実に寄り添った調査、分析、政策提言ができていなかったからだと考える。具体的には、欧米に固有の慣習や価値意識をモデルの前提にし、日本人に特徴的な傾向・意識、そして経済状況の変化を考慮しなかったのである。本書では失敗の原因を分析・総括するとともに、日本特有の状況に沿った対策は可能なのかをさぐる。

目次

はじめに―「子どもにつらい思いをさせたくない」日本人
第1章 日本の少子化対策の失敗
第2章 日本の「少子化対策失敗」の理由
第3章 少子化対策における「欧米中心主義的発想」の陥穽
第4章 「リスク回避」と「世間体重視」の日本社会―日本人特有の価値意識をさぐる
第5章 日本で、有効な少子化対策はできるのか

著者等紹介

山田昌弘[ヤマダマサヒロ]
1957年東京都生まれ。東京大学文学部卒業。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。現在、中央大学文学部教授。専門は家族社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

出生率1.5以下の状態が25年以上続き、「少子化対策」が事実上失敗に終わっている日本は、今後、どのような対策をとればよいのか?

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件