光文社新書<br> 「マニュアル」をナメるな!―職場のミスの本当の原因

個数:
電子版価格 ¥858
  • 電書あり

光文社新書
「マニュアル」をナメるな!―職場のミスの本当の原因

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年05月16日 14時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 229p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334044312
  • NDC分類 336
  • Cコード C0234

出版社内容情報

作業を指示するマニュアルが悪ければ、仕事の効率は落ち、ミスや事故が起きる。具体的な例を挙げながら必要なテクニックを伝授。

内容説明

ミスに悩む企業の多くで、マニュアルに深刻な欠陥を抱えているが、気づかれずに放置されている例が多い。駄目なマニュアルを使っているから、仕事の効率が落ち、ミスや事故が多発するのだ。優秀な人材を集めても職場がうまく回らないなら、マニュアルを疑ってみるべきである。分かりやすいマニュアルを生み出すには、作文だけでなく、作業の全体的かつ総合的な改善が必要だ。本書ではまさにこの点について、長年、人間のミスの研究を続けている著者が、具体的な成功例・失敗例を挙げながら解説。マニュアル作りに悩んでいる読者のために、すぐに使えるテクニックを紹介する。消費税の軽減税率制度の導入に役立つ早見表の例も掲載。

目次

第1部 マニュアルの文章術(マニュアルの目的;マニュアルの文章作法;マニュアルのあり方)
第2部 正しい作業手順の作り方(手順の全体構造;作業は「型から型へ」で組む;チェックは「節目で味見」を;作業の意味論)
第3部 練習問題(「ルールブック調マニュアル」を手順主義に書き直す;消費税の軽減税率早見表を作ろう;センター試験問題配布ミス事故)

著者等紹介

中田亨[ナカタトオル]
1972年神奈川県生まれ。東京大学大学院工学系研究科修了。博士(工学)。現在、国立研究開発法人産業技術総合研究所人工知能研究センターNEC‐産総研人工知能連携研究室副連携室長。中央大学大学院理工学研究科客員教授。人間のミスと安全に関する研究を様々な業種との共同研究において現場主義で進めている。内閣府消費者安全調査委員会専門委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しゃん

26
『「事務ミス」をナメるな!」が面白かったので、こちらも読んでみた。作業を単なる作業として軽く捉えると、確かに作業はつまらない。しかし、作業が「目的を実現するという意図によって編成された行為であり、自然法則と調和するように成り立っている」ものと捉え、その核心を追及するという知的好奇心を持てば、内省的な満足を得られる道に繋がるという、あとがきは心に沁みた。まさに、茶道にも通じる心。この心をもって、普段の仕事に取り組もうと思った。2019/11/09

可愛いだけじゃない西郷さん

23
職場での作業効率を上げるために作成されるマニュアル。だが、そのマニュアルは本当にその使命を全う出来ているのだろうか。人間のミスと安全について研究している著者が説く本当に使えるマニュアルの作り方。職場でマニュアル作成をする機会があり、参考になればと思い読んでみました。たしかに、作業方法を如何にわかり易くするかに注力して人間心理やマニュアル自体の読みやすさはおざなりになっていた感があり自分のマニュアル作りについて振り返ることができて良かったように思います。独りよがりにならないように気をつけて行きたいものです。2020/03/19

ハイちん

18
[マニュアルの基本はわかりやすさとシンプルさ]マニュアルの作り方を伝授している本。手順のすべてを網羅するようなマニュアルはダメで、読者がより分かり易いマニュアルを目指すべきとしている。マニュアルのコアなところは1ページで収まるようにまとめ、冒頭に配置する。そうすることで読者にとって有用なマニュアルなのかが、すぐに判断出来るようになるので、用のないマニュアルに取り組み時間を無駄にすることがなくなる。用いられがちなフローチャートはわかりにくい。それより早見表を使うべきとしている。マニュアル作りは奥が深い。2020/02/07

いの

16
不明な事があればすぐにマニュアルは?と言われます。どこの職場でもそうかも知れませんがマニュアルから逸脱した行動をして問題が起きれば自分を守れません(と井戸端会議をしたところでした…)。仕事帰りにたまたま目についたので購入しサラッと読みました。マニュアルの落とし穴が書かれているので見直しをするかたには参考になるかと思います。職種にもよるのかも知れませんが委員会や監査でチェックとかされないのかな?写真で見本をみせるのは分かりやすいです。2019/10/20

まゆまゆ

14
作業に携わる読み手が正しく理解して操作させることができるようにすることがマニュアルの目的だが、往々にしてそうなっていない。指示を断言し(注意する、行う、は禁句)、否定形は肯定形に直し、手順を一本道で指示すること。ダブルチェックは責任感と緊張感が緩み同調バイアスが起こるので効果がない、との指摘は参考にしたいが現状から変えられるのかなぁ……2019/11/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14459349

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。