光文社新書<br> その落語家、住所不定。―タンスはアマゾン、家のない生き方

個数:
電子版価格 ¥836
  • 電書あり

光文社新書
その落語家、住所不定。―タンスはアマゾン、家のない生き方

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月05日 22時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 222p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334043940
  • NDC分類 779.13
  • Cコード C0276

出版社内容情報



立川こしら[タテカワ コシラ]
著・文・その他

内容説明

身一つで世界中の落語会を飛び回る、家さえ持たない究極のミニマリストである著者が、自らの生き方哲学と実践を初めて明かす。

目次

第1章 持たない落語家になるまで
第2章 持たない落語家の1週間
第3章 実践・家もモノも持たない生活
第4章 お金について考える
第5章 持たない落語家の仕事論
第6章 ITと落語
第7章 落語について
おまけ こしらのはんせい

著者等紹介

立川こしら[タテカワコシラ]
落語家。落語立川流真打。1975年千葉県東金市生まれ。’96年、立川志らくに弟子入り。2012年、真打昇進。落語の他、ラジオパーソナリティー、WEB製作、オリジナルグッズのデザイン、伊豆で養蜂・無農薬農業など、活動は多ジャンルにわたる。’17年より海外公演開始(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えちぜんや よーた

93
ホリエモンを落語家にしたらこうなるという感じ。落語家として人気もコネもないのに独演会をやってモノにしてしまうところについては非常におもしろく興味深かった。こしら師匠はこれから増えるであろう「キモくてカネのないおっさん」がサバイバルするためのロールモデルになると思う。2019/05/31

鱒子

74
図書館本。タンスはアマゾン、家は持たないーー落語家という自由業であるにしても、この選択はかなりの荒技。入院しない程度の病気になった時、結婚して家庭を持ちたいと思った時はどうするのかなぁ。そんな気もしますが、何より人生を楽しもうという著者の姿勢が眩しい一冊。エッセイ ビジネス書として面白いです(本のカテゴリーとしては諸芸 娯楽)。2019/07/09

fwhd8325

62
落語家としても異端だが、人間、その生き方も異端。この人の落語を初めて聞いたとき、そりゃ驚きました。まさかの掟破りでしたが、それが見事に演出されていて、恐ろしい落語家だと思いました。著書は、落語の話よりも、師匠のライフスタイルが中心。それは真似したいかと問われると、首を横に振るでしょう。それでも、文章には説得力があり、何だかその気になってくるようで著書も恐ろしい。2019/02/03

りつこ

48
前座時代にお金がなくてバイトをすることもできなくて(師匠に呼ばれたらすぐに行かないといけない)どうやって食っていたかというところからもうぶっ飛んでる。 なんでも金儲けに結び付けているように見えるけれど実はお金を目的としていないところも面白い。 自分じゃなくてもいいことはやらないとか、不得手なことからは逃げるとか、生きるヒントもたくさん。 ここに書いてあること全部に賛同できるわけじゃないところも含めて楽しい一冊。 行けば絶対疲れるぐらい笑える「こしらの集い」、また行こう。2019/02/20

ばんだねいっぺい

36
 立川志らくの弟子、こしら。こんな面白い人がいたとは、不勉強だった。 新しい角度での才能の光り方だと思う。今は、その現代に対応した特異なライフスタイルが注目されるとは、思うが、落語そのものもユニークだから、そちらも発見されるんじゃないかと期待する。目をつけて、本を出した出版社は、偉いよ。ビジネス書としても優秀な本だ。2019/01/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13445124
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。