光文社新書<br> 認知症の人の心の中はどうなっているのか?

個数:
電子版価格 ¥924
  • 電書あり

光文社新書
認知症の人の心の中はどうなっているのか?

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年10月17日 03時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 292p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334043872
  • NDC分類 493.75
  • Cコード C0247

出版社内容情報



佐藤眞一[サトウ シンイチ]
著・文・その他

内容説明

「認知症になって記憶が失われても、心が失われるわけではない」とは、よく聞くフレーズです。では、その「心」とは、一体どのようなものなのでしょうか?それを本書では、できる限り具体的に示したいと考えています。心の内を知り、その人の内なる世界を尊重することが、認知症の本質である「生活の障がい」と「孤独」の軽減につながり、幸福につながると信じるからです。―日常会話によって認知症の人を知り、会話を増やすためのツール「CANDy」とは。認知症の人の孤独とプライド、そして苦しみとは。最新の研究成果に基づく、認知症の人の心の読み解き方。

目次

第1章 認知症の人との「会話」を取り戻す(「CANDy(キャンディ)」で、日常会話からその人を知る
なぜ「CANDy」が必要だったのか)
第2章 認知症の人のコミュニケーションの特徴を知る(非言語(ノンバーバル)コミュニケーションからわかること
コミュニケーションに欠かせない「社会的認知」とは ほか)
第3章 認知症の人が見ている世界を知る(“心”とは何か―記憶・注意の仕組みと認知;認知症の人は時空をどう捉えているか ほか)
第4章 認知症の人の苦しみを知る(自分が自分でなくなっていく苦しみ;日常生活ができなくなる苦しみ ほか)
第5章 共によりよく暮らす方法を知る(“虐待”は、なぜ起こるのか;今もある偏見“認知症は魔女の仕業” ほか)

著者等紹介

佐藤眞一[サトウシンイチ]
1956年東京都生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科臨床死生学・老年行動学研究分野教授、博士(医学)。早稲田大学大学院文学研究科心理学専攻博士後期課程を終え、東京都老人総合研究所研究員、明治学院大学文学部助教授、ドイツ連邦共和国マックスプランク人口学研究所上級客員研究員、明治学院大学心理学部教授を経て、現職。前日本老年行動科学会会長、日本応用老年学会常任理事、日本老年社会科学会理事等を務める。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あすなろ

72
上司に急に残業を頼まれ、言いようのない腹立ちを覚えたことある人が殆どだろう。一例挙げればそれが認知症の人の気持ちに近いのだ。老いとは自らのプライドとの闘いであり、自律・自己決定が出来、自律性・主観的な自己決定感が失われることである。それは認知力と見当識が衰える故。ならば自己決定の尊重をすべき。また、そんな程度も出来なのかという我々は認知に余裕があるからと心得るべし。第四・五章は認知症の人の苦しみを知ると共により良く暮らす方法を知るという章立てでナルホドなぁと読み終えました。2019/02/17

ゆいきち**

63
学術的な解説は少し眠くなりましたが、コミニュケーションの実例を交えた解説はすごく分かりやすかったです。認知症になってしまったからコミュニケーションを諦めるのではなくて、この方の今の世界に寄り添って理解することが大事だとわかりました。2020/10/28

こばまり

45
身近な人が発症した際の接し方や心構え、病気について知る初手として良書。個人に対して最良と思われるケア方法は分かった。問題は限られた財源と労働力でこれをどう仕組み化するか。500万人にどう適用させるかだ。2019/03/27

あつこんぐ

44
仕事で役に立つかなというのと義母の心の中はどんなんかなという思いで読みましたが、私なりに収穫が多く認知症の人に関わる人はぜひ読んでほしい1冊です。長く認知症の人と関わってきましたが、知らずに実践してた良い接し方はそのままに、認知症の人を理解出来ずに取ってきた悪い態度は改めようと思いました。もう一度、メモを取りながらじっくりと読み直したいです。2019/07/09

でんか

32
認知症のひとの行動原理を分かりやすく記述した本。具体的な症例を挙げ、詳細に解説してある。認知症になったひとが何をどう考えているのか、その部分に着目して分かりやすく書いてあるので、認知症と人と接する機会が少ないひとにはいい本だと思う。自分のようなものにも、知識の補完、という意味で役に立った。理系的記述がすとんと頭に入る。ただ個人的には、著者の在宅礼賛と受け取れる部分が読んでいてしんどくなった。認知症患者の増加について述べているが、その解決方法、そしてエモーショナルなところでは、歯切れが悪くなった印象の一冊。2019/03/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13372272

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。