光文社新書<br> 品切れ、過剰在庫を防ぐ技術―実践・ビジネス需要予測

個数:
電子版価格 ¥968
  • 電書あり

光文社新書
品切れ、過剰在庫を防ぐ技術―実践・ビジネス需要予測

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年01月20日 19時07分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 256p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334043704
  • NDC分類 675.2
  • Cコード C0234

内容説明

「いつどれくらい売れるのか?」製造業の悩みを解決。生活者が必要とするタイミングで適切な量を届けるために「この時、これくらい欲しい」という需要を予測し、商品を生産するのが現代の製造業には欠かせない「需要予測」という仕事である。本書では「統計学」の側面が強い需要予測を、独自の「認知科学」の観点からひもとき、膨大な商品・季節による変動・流行に移ろいやすい生活者などにより、需要の予測が非常に難しい化粧品業界を実例にとりながら、明日からビジネスに役に立つ実践的な需要予測を学んでいく。

目次

第1章 需要予測とは何か
第2章 認知科学で読み解く予測ミス
第3章 思考のクセによる予測の落とし穴
第4章 心の状態で変わる予測の景色
第5章 プロの感覚を見える化する科学
第6章 当たらない需要予測
第7章 環境で動かすチームマネジメント
おわりに AI時代の需要予測

著者等紹介

山口雄大[ヤマグチユウダイ]
東京都出身。東京工業大学生命理工学部卒業。同大学大学院社会理工学研究科修了(認知科学)。同大学院イノベーションマネジメント研究科ストラテジックSCMコース修了。化粧品販売会社でロジスティクス実務を経験後、2010年からは化粧品メーカーで需要予測を担当。現在は早稲田大学経営管理研究科にてMBAプログラムを履修中。’18年日本オペレーションズ・リサーチ学会にて「ビジネスにおける需要予測への科学的分析ツールの活用可能性」を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報



山口雄大[ヤマグチ ユウダイ]
著・文・その他