光文社新書<br> 働く女の腹の底―多様化する生き方・考え方

個数:
電子版価格 ¥990
  • 電書あり

光文社新書
働く女の腹の底―多様化する生き方・考え方

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月28日 03時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 240p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334043506
  • NDC分類 366.38
  • Cコード C0236

出版社内容情報



博報堂キャリジョ研[ハクホウドウキャリジョケン]
著・文・その他

内容説明

現代の働く女性たちは何を考え、どう生きているのか?自立的に働くことが当たり前になった時代のトレンドを行く働き方は?消費・ライフスタイルの現在は?情報収集の手段は?暮らしに欠かせないSNSとその使い方は?「スマホ恋愛」「スマホ婚活」が当たり前になった今の恋愛・結婚の形は?「キャリア(職業)を持つ、特にお金と時間を自分のために使いやすい子どものないない女性」=通称「キャリジョ」を徹底分析。今を生きる多様な女性たちのリアルに迫る。

目次

序章 OLじゃないけど、キャリアウーマンでもない「キャリジョ」という新星
第1章 キャリジョの仕事と恋愛・結婚(うつろうキャリジョたちの意識“仕事編”;うつろうキャリジョたちの意識“恋愛・結婚編”)
第2章 キャリジョとSNS(キャリジョのSNS使いこなし術“基礎編”;番外編:フォトジェニックトレンドは大きく分けて2種類?;SNSから読み取るキャリジョの本音“応用編”;番外編:最新SNSトレンド予測)
第3章 キャリジョたちのリアル―キャリジョクラスターについて(生活全部に全力投球“モーキャリ”;家族との幸せを最優先“ちょいキャリ”;趣味重視で我が道を行く“割りキャリ”;仕事一筋のスペシャリスト“プロキャリ” ほか)
第4章 現代の女性が働く・生きるということ 犬山紙子さんスペシャルインタビュー

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ユズル

21
感想を書く前に、他の方の感想を覗いたらみんな、だいたい同じ事書いてるから思いっきり書くけど、いろんな女子の分類は面白かったけど、平均年齢20~34歳ぐらいを対象にした…わし、だいぶんオーバーしてるのだけど。そして、いろんな女子を分類してて、自分もオーバーながら当てはまったりしたから面白かったけれど。けれど。けれど何?みたい肩透かしをくらった感。だからどう生きていこうとかでなく、こういう女子あるあるだよね、みたいな。消化不良感。もやっとする感。最後の犬山紙子さんインタビューだけ救いだった。2018/09/19

niisun

13
クラスターで類型化はいいけど、結局ステレオタイプに陥っちゃってて、表層を舐めているだけな気がしますね。“腹の底”と題するのなら、各クラスターに該当する実在のジョシを追跡して、“類型なんかには当てはまらない”多様性や複雑さを描いて欲しかったですね。最終章のインタビューも、せめて今回の“キャリジョ生態把握調査”の対象世代の方に聞いて欲しかったし、中身もフェミニズム的論調に終始。そもそも今回の“キャリジョ”のような“ジョシ”フラグを立てること自体に否定的な方を何故にインタビュー対象に選んだのでしょうねぇ。。。2018/07/28

服部

9
様々なタイプの働く女性がいるということが分かってもらえれば、「働く女性はこうあるべき」みたいな押し付けはなくなるのかなと思いながら読みました。現在ホットな話題であるセクハラやパワハラの本質に迫ったことも書いてあるので、特に管理職の方に読んでもらいたい本だと思いました。2018/12/20

みなのん

8
どれにも当てはまらなかったような。。あえてなら、バリキャリかモーキャリかな。2021/05/10

nadaha

6
やや期待外れ。もう少し鋭い考察がなされているかと思った。OLをカテゴリ分けして、それぞれどんな風に考えて何を重視して働いているかというOL図鑑のようなもので、よくある性格チェック的なものとほぼ同じだった。「あ、そうそう!あるある~!」で終わってしまっているのは残念というか、もう一つフックがあってほしかった。類型にして、刊行段階で流行りのネタを入れ込んだ段階で完結してしまってる。どのタイプの女子同士が親和性あるとか、どの業界に多いとか、男性の類型も固めるとかあってもよかったんじゃないか。2019/04/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12795648

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。