光文社新書<br> 結論は出さなくていい

個数:
電子版価格 ¥924
  • 電書あり

光文社新書
結論は出さなくていい

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 新書判/ページ数 296p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334043247
  • NDC分類 699.67
  • Cコード C0295

内容説明

『ニッポンのジレンマ』、『欲望の資本主義/経済史』、『人間ってナンだ?超AI入門』、『英語でしゃべらナイト』、『爆笑問題のニッポンの教養』…etc.NHKで異色番組を連発するプロデューサーによる、逆転の発想法。「強迫観念」「過剰適応」の時代を生き抜くヒント。わからなくていい、無理はしなくていい、番組は未完成でいい、ジレンマは解けなくていい…その真意とは??

目次

1 無理はしなくていい―至るところに道はある(プロデューサーは最後尾にいる;無理はしなくていい ほか)
2 ジレンマは楽しめばいい―下り坂の時代との付き合い方(「ジレンマ」との付き合い方;ジレンマは解けなくていい ほか)
3 企画が企画を生む―無意識を寝かせれば形になる(「考える」とは動きを作ること;「語学」であって「語学」ではない? ほか)
4 番組は未完成でいい―フレームの内と外から見えるもの(映像の物語とは何か?;断片をつなぎとめる ほか)
5 逆説こそ楽しめばいい―ポストモダンの逆襲(心と身体の二元論を越えて;ポストモダンとは? ほか)

著者等紹介

丸山俊一[マルヤマシュンイチ]
1962年長野県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、NHK入局。ディレクターとして美術番組、海外中継、ドキュメンタリーなどを手掛ける。NHKエンタープライズ番組開発エグゼクティブ・プロデューサー。早稲田大学、東京藝術大学で非常勤講師を兼務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

数々のヒットを生み、現代社会の意識と無意識に斬り込む異色番組を開発し続けるNHKの異色プロデューサーによる逆転の発想法!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件