光文社新書
テロVS.日本の警察―標的はどこか?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 230p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334043155
  • NDC分類 316.4
  • Cコード C0231

出版社内容情報

いま日本のテロ対策はどうなっているのか?民放で警視庁担当記者を務めた筆者が徹底取材。テロ捜査・テロ対策の最前線を伝える

内容説明

いま、ヨーロッパを中心に世界中でテロが頻発している。二〇一五年から二〇一六年にかけて大規模なテロが相次ぎ、現在に至るまで、その勢いは衰えていない。また、過激派の教義に感染した、「ローンウルフ(一匹オオカミ)型」のテロリストが世界で広がっている。二〇二〇年に東京五輪を控える日本も、テロと決して無縁ではない。首都・東京の治安を守る警視庁では、徹底したテロ対策が進んでいる。日本で狙われやすい場所とは?テロに遭遇したときの対処法とは?サイバーテロを防ぐには?民放テレビ局で警視庁担当記者を務めた著者が、日本の警察によるテロ捜査の最前線と「目の前に迫る危機」を描く。

目次

第1章 狙われる場所(重要防護施設;どのソフトターゲットが危ないか;テロへの対処法;命を守るための心構え)
第2章 テロリストの入国は防げるか?(「水際対策」最前線;欧米各国のテロ対策;日本にテロリストが潜伏していた!;警視庁公安部外事三課)
第3章 テロリストVS.警視庁公安部(爆弾テロの時代;尾行;公安機動捜索隊)
第4章 心の隙間に忍び寄る(テロとインターネット;息苦しさにつけこむ宣伝工作)
第5章 サイバーテロ・共謀罪(サイバー攻撃VS.警察;共謀罪・テロ等準備罪)

著者等紹介

今井良[イマイリョウ]
1974年千葉県生まれ。中央大学文学部卒業。NHKに入局し、地方局や東京の報道局ニュースセンターでニュース番組の制作に10年携わる。その後、民放テレビ局に移籍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

お抹茶

1
東京オリンピックのテロ対策上の弱点や水際対策を述べるとともに,公安警察の捜査手法を記す。公安捜査の基礎は情報捜査であり,「たくさん点を拾うこと」と「拾った点を一か所に集めること」が大事。公安的センスとは「連関性を見出すこと」で,相関図をどれだけ広がりを持って作成できるかに尽きる。2022/01/10

ハル

1
課題で新書をはじめてちゃんと読みました。興味のある分野で章内でも区切られているので新書初心者でも読みやすかったです。 平和ボケしている今の日本にもテロは無縁ではないということ、私たちみんながテロの思想に染まらないようにするのが大事だということがわかりました。いつどこで起きるかわからないテロ。 2020年は格好の標的なのでしょうか、、私は嫌だな...2018/01/08

Jun Masuno

1
警察モノを読了 直近に迫ってきた東京五輪に向けテロ防止に動くインテリジェンスの動き、歴代が書かれている また昨今世界中で発生したテロについても いずれにせよ、日本も無縁ではおられない情勢がひしひしと伝わりました2018/01/08

リンクス

0
来年はオリンピックイヤー。日本で何も起こらないことを願うばかりである。2019/09/03

湘南☆浪漫【Rain Maker】

0
今年はラグビーのW杯があり、来年は五輪。 標的にならないと言い切ることはできない。2019/01/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12373224
  • ご注意事項