光文社新書<br> 「朝ドラ」一人勝ちの法則

個数:
電子版価格 ¥924
  • 電書あり

光文社新書
「朝ドラ」一人勝ちの法則

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月14日 11時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 216p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334043124
  • NDC分類 778.8
  • Cコード C0274

出版社内容情報

放送作家、作家として活動するユニット「指南役」が、NHK朝の連続テレビ小説の歴史を紐ときながらわかりやすく、かつ鋭く解く。

内容説明

NHK「連続テレビ小説」、通称「朝ドラ」の全96作品を分析してわかった、ヒットの法則。そして、低迷する連続ドラマの復活の方法とは?

目次

第1章 V字回復した朝ドラ(連ドラの低迷;月9の栄光と没落 ほか)
第2章 朝ドラの黄金法則「7つの大罪」(文字通り、連続テレビ「小説」だった;朝ドラは一日にして成らず ほか)
第3章 朝ドラ「暗黒の中世」と「ルネッサンス」(暗黒時代の予兆;『君の名は』の失敗 ほか)
第4章 連ドラがつまらなくなった、たった1つの理由(月9のターニングポイント;『ビーチボーイズ』の功罪 ほか)
第5章 連ドラを面白くする2つの処方箋(ヒットすべくしてヒットした『逃げ恥』;かつて「脚本家の時代」と「連ドラ冬の時代」があった ほか)