光文社新書<br> 誰が「働き方改革」を邪魔するのか

個数:
電子版価格 ¥836
  • 電書あり

光文社新書
誰が「働き方改革」を邪魔するのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月24日 03時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 240p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334043100
  • NDC分類 366.21
  • Cコード C0236

出版社内容情報

ダイバーシティが叫ばれる一方で、「頑張りたくても頑張れない人」を生んでしまう日本の働き方について多角的に論じる。

内容説明

少子高齢化で労働力が減少する日本。その対策として打ち出されたダイバーシティ。しかし、働き方改革による労働の多様化戦略は、なかなか浸透しない。それはなぜか?「長時間労働」「待機児童」「介護離職」「ぶら下がり社員」等々、問題が山積する社会で私たちが持つべきビジョンとは?“頑張りたくても頑張れない時代”を生き抜くヒント。

目次

序章 虚像と実像
第1章 頑張りたいのに頑張れない人たち
第2章 見えない壁
第3章 「意識改革」推進企業
第4章 よく働き、意識的に遊べ
第5章 新しい社会の姿

著者等紹介

中村東吾[ナカムラトウゴ]
1958年北海道函館市生まれ。中央大学文学部卒業。出版社勤務後、独立。有限会社ガルフ・ガルフ代表取締役。主に政治・経済関連、企業関係コンテンツの取材、執筆、編集を行う。寄稿では、IT・家電関連情報も(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件