光文社新書<br> アウトローのワイン論

個数:
電子版価格 ¥814
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社新書
アウトローのワイン論

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年04月10日 13時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 171p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334043018
  • NDC分類 588.55
  • Cコード C0277

内容説明

ワインの官能とは何か?昭和の時代から活躍するワインの伝道師が初めて語る、固定観念に縛られないワインの楽しみ方と、その行き着く先。

目次

序章 ワイン屋が見てきた日本のワイン界
第1章 フランスワインが背負うもの
第2章 すぐそばのグレーゾーン
第3章 ごまかしのない人たち
第4章 考えるな、感じろ
第5章 キーワードは自由、開放

著者等紹介

勝山晋作[カツヤマシンサク]
1955年和歌山生まれ。昭和の時代から日本におけるワインの伝道師として活躍。ビストロ「祥瑞」、最注目の中華店「楽記」オーナー、ヴァン・ナチュールの祭典「FESTIVIN(フェスティヴァン)」主宰

土田美登世[ツチダミトセ]
1966年生まれ。広島大学卒、お茶の水女子大学大学院(調理科学)修了。「専門料理」「料理王国」編集部を経てフリーの食記者、編集者に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

業界で知らぬ者のないご意見番。今は自然派ワインの旗振り役としても活躍中。そんな著者の初のワイン論。