光文社新書<br> バッタを倒しにアフリカへ

個数:
電子版価格 ¥1,012
  • 電書あり

光文社新書
バッタを倒しにアフリカへ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月03日 01時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 384p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334039899
  • NDC分類 486.4
  • Cコード C0245

出版社内容情報



前野ウルド浩太郎[マエノ ウルド コウタロウ]

内容説明

バッタ被害を食い止めるため、バッタ博士は単身、モーリタニアへと旅立った。それが、修羅への道とも知らずに…。『孤独なバッタが群れるとき』の著者が贈る、科学冒険就職ノンフィクション!

目次

第1章 サハラに青春を賭ける
第2章 アフリカに染まる
第3章 旅立ちを前に
第4章 裏切りの大干ばつ
第5章 聖地でのあがき
第6章 地雷の海を越えて
第7章 彷徨える博士
第8章 「神の罰」に挑む
第9章 我、サハラに死せず

著者等紹介

前野ウルド浩太郎[マエノウルドコウタロウ]
昆虫学者(通称:バッタ博士)。1980年秋田県生まれ。国立研究開発法人国際農林水産業研究センター研究員。神戸大学大学院自然科学研究科博士課程修了。博士(農学)。京都大学白眉センター特定助教を経て、現職。アフリカで大発生し、農作物を食い荒らすサバクトビバッタの防除技術の開発に従事。モーリタニアでの研究活動が認められ、現地のミドルネーム「ウルド(○○の子孫の意)」を授かる。著書に、第4回いける本大賞を受賞した『孤独なバッタが群れるとき―サバクトビバッタの相変異と大発生』(東海大学出版部)がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 5件/全5件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

鉄之助

857
昆虫研究者なのに、いや、だからこそ「バッタアレルギー」になった前野さんの、エネルギーに圧倒された。考える前にまず、行動することに共感する。弘前大学在学中のバイト。「白木屋」弘前駅前店でひたすら中華鍋を振っていた、その経験がアフリカで役立つ! 人生に「無駄なことなんて一つもない」と実感させられた。2018/07/15

ウッディ

852
バッタの生態を研究するため、単身、モーリタニアに渡った著者。大干ばつのせいで肝心のバッタ見つからない苦労や現地の文化の違いがユーモラスに語られていました。メデイアで紹介された話題の本、面白かったです。自分の母校で博士号を取ったこと、知っている先生の研究室にいたことを知り、さらに親近感を持ちました。驕らず、ひたむきに仕事をしていれば、素敵な出会いがあり、道は開ける。そんな研究者の原点を再認識するとともに、彼の仕事ぶりは日本人として誇らしく感じました。なにより、彼のバッタ愛が凄くて笑えてしまいます。 2018/04/29

トムトム

822
まず、表紙でジャケ買い!中身は紀行文でもあり、研究書でもあり、将来研究者を志す少年少女へのハウツー本でもあり、とにかく面白かった!読んでいた電車の中で、ニヤニヤが止まらない。バッタをいじりすぎてバッタアレルギーになっても諦めない前野さん、ぶっとんでます♪パラパラっと見たページの写真、ヒマワリの種かしら?と思ったらウジャウジャのゴミムシダマシでした。ンナ!!2019/09/11

Die-Go

710
図書館本。子どもの頃から夢見ていた昆虫博士になるために、邁進してきた著者のアフリカ・モーリタニアでのサバクトビバッタとの壮絶でありながらもどこか笑いを誘う戦いを描く。読みやすく研究者の苦労を苦労と思わせない軽さも良。★★★★☆2018/04/05

ヴェネツィア

700
この本がこれだけのベストセラーになり得たのは、やはりネーミングによるところが大きいだろう。もっとも、表紙の絵はやり過ぎの感もあるが。そりゃあ普通にしていたら誰もバッタなんぞに(失礼!しかも、アフリカのバッタに)興味を抱いてはくれないだろうから。著者は研究職を得るためには何だってやってきた。なにしろ白眉プロジェクトの面接のために白眉メイクまでするのだから(裏目に出なくてほんとうによかった。さすがは京大。東大だとどうだっただろうか)。内容的にはきわめて真面目なモーリタニアでのフィールド研究報告である。2022/07/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11816121

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。