光文社新書<br> 消えゆく沖縄―移住生活20年の光と影

個数:
電子版価格 ¥858
  • 電書あり

光文社新書
消えゆく沖縄―移住生活20年の光と影

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月10日 01時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 207p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334039530
  • NDC分類 302.199
  • Cコード C0236

出版社内容情報



仲村清司[ナカムラ キヨシ]

内容説明

「大阪生まれの沖縄人二世」である著者は、一九九六年、沖縄の那覇に移住する。同年は「沖縄ブーム」の走りの頃にあたり、その後、NHKの連続テレビ小説『ちゅらさん』の影響もあって、二〇〇〇~〇五年頃をピークに、沖縄は「有史以来」といわれる空前のブームを巻き起こした。一方、その裏側では、九五年に起きた米兵による少女暴行事件をきっかけに、日米地位協定の見直しを含めて反基地運動が高まりをみせる。そして九六年、普天間基地の返還が発表され、辺野古移設へと基地問題が動いていく。この二十年の間に、沖縄で何が起きたのか―。「沖縄ブーム」「沖縄問題」と軌を一にし、変質していく文化や風土などに触れ続けてきた著者が、“遺言”として「中期決算的な自分の心情と素顔の沖縄」を綴る。

目次

プロローグ―一九九六年の沖縄、二〇一六年の沖縄
第1章 戸惑い―観光立県・沖縄の現在
第2章 失われゆく風景―故郷、那覇、農連市場
第3章 溝―移住者の揺らぎ
第4章 葛藤―まとまる沖縄とまとまらない沖縄
第5章 民意―沖縄の真価が問われる時代
第6章 信仰―消える聖域と畏れ
エピローグ 私たちは“矛盾”とどう向き合うのか

著者等紹介

仲村清司[ナカムラキヨシ]
1958年、大阪市生まれの沖縄人二世。作家・沖縄大学客員教授。大阪に18年、京都に4年、東京に16年暮らした後、’96年に那覇市に移住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件