光文社新書<br> やってはいけないダイエット

電子版価格 ¥792
  • 電書あり

光文社新書
やってはいけないダイエット

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 270p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334038601
  • NDC分類 595
  • Cコード C0247

内容説明

体脂肪が多く太っている人は、そうでない人と比べて、骨盤が歪んでいるわけでも、リンパの流れが悪いわけでも、体幹が衰えているわけでもない。その違いは極めて単純、食べ過ぎか否かにある。したがって、骨盤の歪みを整えても、体を揉んでも擦っても、体幹を鍛えても痩せないし、水分制限は脱水症状に、糖質制限ダイエットは低血糖に陥り、命の危険さえ生じる。誤った情報に警鐘を鳴らし、正確な指導で定評のある人気トレーナーが、適度な食事制限と誰でもできる筋トレプログラム、そして過食につながるストレスの軽減の3つを柱に、筋肉は維持しながら脂肪だけ減らす真に効果的なメソッドを懇切丁寧に解説。

目次

第1章 筋肉が減って命も危険!間違いだらけのダイエット
第2章 そのダイエットで体脂肪は減りません
第3章 ダイエットをやってはいけない人もいる
第4章 ダイエットを成功に導く準備期間
第5章 筋肉はキープして脂肪だけ減らす食事法と筋トレ
第6章 「全身運動型ダイエット」で体脂肪を減らす方法
付録 部位別・悩み解決のサポート

著者等紹介

坂詰真二[サカズメシンジ]
新潟県出身。横浜市立大学文理学部卒業。NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト、パーソナルトレーナー。株式会社ピープル(現コナミスポーツ&ライフ)でディレクター、教育担当を歴任後、株式会社スポーツプログラムスにてアスリートのコンディショニング指導を担当。1996年に「スポーツ&サイエンス」を設立。アスリートへの指導、スポーツ・医療系専門学校の講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

しょうご

10
「やってはいけない」シリーズ。そもそも痩せるとはどういうことか、巷で流行るダイエットで誤解されることや危険性について解説されていた。ダイエットの王道は昔から言われているように食事と運動、それにプラスして如何にストレスを軽減するかが重要なことだと再認識できた。2015/07/13

☆りはこ☆

6
大事なのは食事と運動だよねという。わかりきったことだけど、怪しいダイエット情報が蔓延してるから、自分で正しい情報を見抜けないと損をしちゃうなあ。2019/03/24

Nobu A

5
上京して数キロ増加。理由は明白。バドミントンの練習がダブルスばかりでシングルスを殆どしなくなったから。+仕事のストレス。タイトルに惹かれ、手に取った図書館本。食学も含め、ダイエットを体系的に学んだ覚えはないが、内容は至って当たり前のこと。しかし、具体的な例とデータを示し、上手に纏め上げられて勉強になった。「医療分野」でない「健康法」の一種であるため、明らかな健康被害が出ない限り、精査されず、心身に悪いものも含めた色々なダイエット法が流行り、廃れる昨今、基本は摂取と消費エネルギーの収支。騙されてはいけない。2016/02/29

HALI_HALI

3
太る根本的な理由は「食事」。減量という観点では、骨盤の歪みやリンパの流れを気にしても全く意味がない。必須栄養素をしっかりと摂りながら無理のないように運動を行う。王道こそが唯一にして最大限の効果を発揮する。2017/09/18

今野 富康

3
専門家によって書かれたダイエット本。他のダイエット本との違いは「ストレス」を考慮入れて、それを軽減する方法についても触れている点。基本メソッドは「食事制限」。といっても、極端に食事のバランスを崩すタイプのダイエット法ではなく、王道のカロリーを減らして筋力をアップする(筋力減によるリバウンドを防ぐ)ということについて具体的に説明されている。食事の内容、筋トレの方法、頻度、脂肪燃焼量の計算方法などかなり丁寧な解説がされている。納得性は高い。ただし、内容が盛りだくさんなのでものにするには何度か読む必要あり。2016/04/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9737897

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。