光文社新書<br> アップル、グーグルが神になる日―ハードウェアはなぜゴミなのか?

個数:
電子版価格 ¥712
  • 電書あり

光文社新書
アップル、グーグルが神になる日―ハードウェアはなぜゴミなのか?

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年01月22日 14時58分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 176p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334038526
  • NDC分類 007.3
  • Cコード C0236

内容説明

パソコンやスマートフォンだけでなく、身の回りの様々なモノがクラウドにつながる「モノのインターネット化」(インターネット・オブ・シングス=IoT)。2014年以降、この市場が急速に成長している。その中心となっているのが、アップルとグーグル。人が操作することなしに機器同士がデータをやりとりし、自動的に動いてくれたり、私たちの行動を決定づけたりする時代が目前にきている。ホームオートメーションからヘルスケア、自動車業界やサービス業まで、いまだかつてない新しい「体験」をつくることで、巨大IT企業は何をしようとしているのか?私たちのライフスタイルを、どのように変えていこうとしているのか―?進化するウェアラブルや、最先端テクノロジーもやさしく解説しながら、近い将来像について語る。

目次

第1章 IoTの最後のピース、BLE(BLEというイノベーション;「ビーコン」はネットにおける不動産)
第2章 リアルとネットの融合する世界(ホームオートメーションとヘルスケア;誰にデータを預けられるか?;新たな「中世」がやって来る)
第3章 新たなビジネスの生態系(没落する日本のエレクトロニクス産業;ものづくりの世界で起こっていること;ハードウェアは「ゴミ」である;IoT時代を生きる)

著者等紹介

上原昭宏[ウエハラアキヒロ]
1975年京都府生まれ。奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科博士前期課程修了。工学博士。デジタルカメラメーカーにてASIC開発、(株)ニデックにて人工視覚システム研究開発に従事した後、2011年、(株)エージーリミテッド役員就任。現在は、合同会社わふう代表社員、リインフォース・ラボ個人事業主

山路達也[ヤマジタツヤ]
1970年三重県生まれ。東京大学文学部卒。ライター/エディターとして環境、IT分野で活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。