光文社新書<br> 日経新聞の真実―なぜ御用メディアと言われるのか

電子版価格 ¥726
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社新書
日経新聞の真実―なぜ御用メディアと言われるのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 188p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334037376
  • NDC分類 330.4
  • Cコード C0233

内容説明

「15年デフレ」と不況の責任は、財務官僚、日銀の“ポチ”と化した経済記者の側にもあるのではないか―アベノミクスを導いた産経新聞特別記者(元日経のエース記者)が問う。

目次

第1章 アメリカのメッセンジャー
第2章 経済記者の仕事
第3章 経済記者の出世競争
第4章 財務省の正体
第5章 日銀の正体
第6章 経済学を知らない経済記者
第7章 経済記者、読者、そして日経へ

著者等紹介

田村秀男[タムラヒデオ]
産経新聞社特別記者・編集委員兼論説委員。高知県出身。早稲田大学第一政治経済学部卒。日本経済新聞ワシントン特派員、米アジア財団上級フェロー、日経香港支局長、編集委員、日本経済研究センター欧米研究会座長(兼任)、早稲田大学政経学部講師(同)などを歴任。現在、大手町newsカレッジと早稲田大学経済学大学院の講師を兼ねる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

mazda

31
昔担任の先生が「朝日くらい読むようにならないとダメ。読売はジャイアンツを褒めてればいいんです」と話していたのを覚えていますが、昨今の報道を見ると無残な限りです。日経新聞もしかり、公平に情報を載せているわけではなく、かたよった報道になびいてしまうのはあるようです。経済政策の話も、財務官僚、日銀の話を鵜呑みにして記事にする、自分自身でデータの精査を行わない記者が多いとのことで、それじゃ駄目だな、と思いました。せめて、発表されるデータをグラフ化ぐらいしても、罰はあたらないと思うのですが…。2014/09/17

烟々羅

12
一読した。機会があれば再読・精読するかもしれない。 日経新聞はニュースソースとして不確かだと言明する人、保守的に過ぎてわたしと合わないと主張する人に対して「こういうスタンスの新聞なのだよ」と応える材料になる。 わたしにとっては、著者が記者時代の個々のエピソードは面白かったが、順当に過ぎてとくに学ぶところなし 2014/03/09

ikatin

9
それなりに自覚して日経読んでたつもりですが、確かに見る目が変わります。賛否あると思うし、結局のところ自分自身で感覚を磨いていくしかないのよね。無責任な言い方だけど、しばらくは異次元緩和の成り行きを見届けたい。2013/05/05

hk

7
日経新聞のアメリカ特派員を務めたエリート記者でありながら、リクルート事件で社長が退任したトバッチリを受けて出世コースからドロップアウト。その後産経新聞に客員記者として身を寄せるという異例の経歴を有する著者による一冊。3年以上前の出版物であるため流石に時宜からズレてしまっているトピックが多い。しかし蘊蓄として使えるネタは満載である。 ●●以下備忘録●● ●「財務省と日銀のかばいあい」 財務省としては真っ当なレベルの金融緩和によって日本経済が成長路線に復帰し自然増収となってしまうと、消費税率の引き上げ敢行の機2016/09/14

pudonsha

3
円高で株価が下がるのは、日本の株式市場は5割以上が外国人投資家で、彼らは自動売買プログラムで株や国債の保有割合の上下限を決めているので、円高になると日本株の割合が高くなり、プログラムが作動して売りに出されてしまうから。2016/08/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6499647

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。