光文社新書<br> 「ゼロリスク社会」の罠―「怖い」が判断を狂わせる

電子版価格 ¥628
  • 電書あり

光文社新書
「ゼロリスク社会」の罠―「怖い」が判断を狂わせる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 264p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334037062
  • NDC分類 498.4
  • Cコード C0236

内容説明

現代の我々を襲うリスクは、歴史や経験からは教訓を引き出せないものばかりである。何が、どれくらいの量あると、どれだけ危険なのか。イメージや先入観、本能の発する恐怖に惑わされずに、一人一人が定量的に考え、リスクを判定していくためにはどうしたらよいのか。本書では、この時代を乗り切ってゆくために必要な「リスクを見極める技術」について、著者の専門とする「化学物質」「医療」「健康」の分野を中心に解説。さらに放射能のリスクについても、基礎から再考する。

目次

第1章 人はなぜ、リスクを読み間違えるのか
第2章 「天然」大好き、「化学」は大嫌い…の罠(―真実はグレーの中に)
第3章 ゼロリスク症候群という罠―メタミドホス禍から学ぶ
第4章 「発がん」の恐怖―という罠
第5章 「狂った油」「血液ドロドロ」の罠―トランス脂肪酸について、ひと言
第6章 善意の砂糖玉・ホメオパシー―代替医療(疑似科学)の罠
第7章 「改めまして、放射能基礎講座」―放射能の恐怖、という罠

著者等紹介

佐藤健太郎[サトウケンタロウ]
1970年、兵庫県生まれ。東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了。医薬品メーカーの研究職を経て、サイエンスライターに転身。2009年から3年間、東京大学大学院理学系研究科広報担当特任助教をつとめる。『医薬品クライシス』(新潮新書)で、科学ジャーナリスト賞2010を受賞。2011年には、ウェブ・書籍などを通じた化学コミュニケーション活動に対し、第1回化学コミュニケーション賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ロア ※設定変更忘れるな自分

32
ゼロリスク幻想。目につくリスクを避けようとして、より大きなリスクを招き寄せてしまってはいないか?人々にとって悪いニュースはマスコミにとっては価値のある良いニュース。「安全」と言ってしまった後から危険性が発覚した場合には責任が発生するが、「危険!」と言ってる分には「警告を発しただけだも〜ん」で済む。リスクはゼロにはならない、人生はトレードオフの選択の連続。どのリスクをとってどの利益を得るのか?リスクをゼロにするため無制限にコストを掛け続け続ける事は、別のリスクを発生させているのと同じだよ。2017/08/10

ふろんた

27
リスクを気にするあまり、膨大な対策コストが発生し、さらには別のリスクが発生する。ずっと身近にあるものに対するリスクには寛容だが、得体の知れないもの、目に見えないもの、人工的に作られたものには恐怖心から危険なものと認識されやすい。専門家に言わせるとリスクゼロと断定することはできない。それをエンタメ番組の評論家や周囲の人が危険があると言い、感情的にその情報を信頼してしまう危険性を説く。今まで読んだ新書の中で上位に入る良書。2014/10/02

Koning

26
第1章の纏めというべき『正しい知識を身につけた上で、考えろ』という当たり前でまっとうな事を数々の実例を挙げて主張する極めて真面目な本。今消費者庁が食品の原産地表示についての改訂を行おうとしているけれど、そこでもこの羹に懲りてなますを吹くような考えが入り込んでいて、根は深い訳で、そうした議論をする人たちにもぜひとも読んでもらいたい一冊(そう言う人は読む訳もないのだよね)。何故リスク0嗜好(この字でいいと思う)が不可能で現実的ではなく逆に別のリスクを増大させてしまうのか?新書のサイズで噛み砕いて説明。2012/11/23

Kent Kaseda

24
ゼロリスクでなければダメ、という現代社会の風潮に、筆者は苦言を呈する。リスクの高低は一般に、「被害の規模×起きる確率」で考えられる。「ゼロリスクならOK」という定性的な議論では無く、この被害規模あるいは確率ならば許容する、という定量的な議論をすべきだと筆者は主張する。筆者の『化学物質はなぜ嫌われるのか』と同じ趣旨だが、より一般向けで、放射線やトランス脂肪酸など新たなトピックも増補されている。定性的にリスクを判断できる社会の実現には、正しい理科教育が鍵となる。本書の議論は、本来は義務教育で教えるべき内容だ。2017/09/30

ロア ※設定変更忘れるな自分

24
ジョン・エムズリーの言う「1万分の1のリスクは受け入れるのが、現代人の生き方ではないか」という提案には私も賛成。全てのリスクを完全にゼロにするのは不可能なのだから。「合理的に達成可能な限り低く」という考え方が最も現実的だと思う✳︎✳︎✳︎「第1章 人はなぜ、リスクを読み間違えるのか」と「第7章 放射能基礎講座—放射能の恐怖、という罠」は読んで為になった。本書全体としては、部分によって少々極端に振れているところがあるかな(・ω・。)2017/08/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5434418

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。