光文社新書<br> 検証 財務省の近現代史―政治との闘い150年を読む

個数:
電子版価格 ¥616
  • 電書あり

光文社新書
検証 財務省の近現代史―政治との闘い150年を読む

  • ウェブストアに29冊在庫がございます。(2018年04月26日 03時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 276p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334036744
  • NDC分類 317.24
  • Cコード C0233

内容説明

最強官庁は何を考え、この国をどこに導こうとしているのか。気鋭の憲政史家が大蔵省・財務省の歴史にメスを入れ、百五十年の伝統を検証しながら、知られざる政治との関係、「増税の空気」の形成過程を描き出し、日本再生への道を綴った本邦初の試みとなる意欲作。

目次

第1章 大蔵省の誕生―財政の専門家とキャリア官僚制の起源(1873‐1923)
第2章 日本の最強官庁へ―守護神・井上準之助の登場(1924‐1931)
第3章 パンドラの箱―大蔵省史観の「異物」(1932‐1945)
第4章 占領と復興―知力を尽くした戦いの歴史(1945‐1955)
第5章 復興から高度経済成長へ―池田勇人のグランドデサイン(1955‐1965)
第6章 三角大福、赤字国債、消費税―「無敵」大蔵省に忍び寄る悪夢(1965‐1982)
第7章 失われた十年―政治家に振り回される大蔵省(1982‐1996)
第8章 平成と未来の日本―財務省は「伝統」に目覚めるか(1997‐2011)

著者等紹介

倉山満[クラヤマミツル]
1973年香川県生まれ。中央大学大学院文学研究科日本史学専攻博士後期課程単位取得満期退学。在学中より国士舘大学日本政教研究所非常勤研究員。現在、国士舘大学講師。社会人を対象にした「帝国憲法講義」が注目を集めている。専門は憲政史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。