光文社新書<br> 精神医療に葬られた人びと―潜入ルポ社会的入院

電子版価格 ¥628
  • 電書あり

光文社新書
精神医療に葬られた人びと―潜入ルポ社会的入院

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 283p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334036324
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0233

内容説明

20万人とも言われる“治療の必要のない入院者”は、いかに生み出されたか?ノンフィクション作家である著者が、ある精神科病院の「長期療養型」病棟への入院体験をもとに、「社会的入院」の内実を初めて明るみに出す。そこには、東京オリンピックの頃から入院していた人も―。

目次

1章 四十年の病院暮らし(誤診;「開放病棟」という名の「閉鎖病棟」 ほか)
2章 三枚橋病院(精神病院の全開放と自由化;石川信義医師 ほか)
3章 精神障害者は「危険な存在」なのか?(「治療」ではなく「隔離」という向き合い方;ライシャワー事件 ほか)
4章 隔離から一転、開放化へ(欧米における精神病者の扱い;三つの受難の時代 ほか)
5章 関係性の場をどう作るか(聖なる狂気;混雑する日に来る患者さん)

著者等紹介

織田淳太郎[オダジュンタロウ]
1957年北海道生まれ。ノンフィクション作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。