光文社新書<br> 学歴社会の法則―教育を経済学から見直す

電子版価格 ¥712
  • 電書あり

光文社新書
学歴社会の法則―教育を経済学から見直す

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 269p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334034313
  • NDC分類 371.3
  • Cコード C0237

内容説明

近頃の教育問題は、経済学的な知識なしに立ち向かうことができません。本書は「教育の経済学」の基本的な考え方を紹介しながら、「なぜ大卒男性の給料は高卒の1.5倍なのか?」「子どもの学歴を上げるのは働く母親か専業主婦か?父親か母親か?」「少人数学級は学力を高めるのか?」など、さまざまな角度から学歴社会のしくみを解き明かします。また「英語ネットワークへの投資法」や「いじめの経済学」など、専門の世界においても先駆的で、なおかつ問題解決に有効な視点を提供します。

目次

第1部 学歴社会には「法則」がある(学歴はなぜ所得格差を生み出すのか;学歴シグナルによる「差別」は正当か;働く母親と専業主婦、子どもの学歴を上げるのはどっち?)
第2部 経済学的に正しい教育とは?(学校選択制と教育バウチャー制度で何が変わるか;英語ネットワークへの投資法;「いじめ」を経済学で解決する;教師と学級規模の経済学)
実践編 収益率をアップさせる学習法(学習の一般理論;英語の学習論)

著者等紹介

荒井一博[アライカズヒロ]
1949年長野県生まれ。イリノイ大学大学院博士課程修了(Ph.D.)、一橋大学大学院経済学研究科教授。’79年パデュー大学客員助教授、’92年クィーンズランド大学客員教授。専門はミクロ経済学・日本経済論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。