カッパ・ノベルス<br> 鬼が来たりてホラを吹く―鬼面村殺人事件

カッパ・ノベルス
鬼が来たりてホラを吹く―鬼面村殺人事件

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 230p/高さ 18X11cm
  • 商品コード 9784334028022
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

内容説明

埼玉県白岡署の黒星光警部は38歳で独身。以前は、警視庁捜査一課にいたのだが、飛ばされてしまったのだ。その黒星が、ひょんなことから、フリーライター・葉山虹子と共に、奥飛騨・鬼面村へとやってきた。ところが、村の入口で出会ったのは、鎌を手にして“あいつを殺してやる!”と呟く異様な風体の女だった。はたして、怪事件が…。さらに翌朝、昨夜確かに見た5階建て合掌造りの造物が、1人の人間と共に跡形もなく消え去っていた。さあ、黒星警部の出番だ。謎の殺人事件、壮大なスケールの大消失トリック、意表をつく密室トリック、驚天動地のドンデン返し!推理ファン必読―大型新鋭が世に問う書下ろし長編推理小説の白眉。