古代インド哲学史概説 (新装改題版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

古代インド哲学史概説 (新装改題版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年12月17日 00時28分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 277p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784333027613
  • NDC分類 126.02
  • Cコード C1010

内容説明

ヴェーダ文献の成立から六派哲学の展開まで―。3000年を超える歴史の上に蓄積された神々への讃歌、宗教的真理の探求、形而上学的思惟などの解明をとおして、古代インドの人びとの知的営為を知る。

目次

第1章 インド哲学史の内容と研究方法
第2章 アーリヤ人以前のインド
第3章 アーリヤ・インドの成立と発展
第4章 アーリヤ思想の成立と発展
第5章 自由思想の胎動と開花
第6章 伝統的思想の再編成

著者紹介

金岡秀友[カナオカシュウユウ]
1927年‐2009年。埼玉県に生まれる。東京外事専門学校(現東京外国語大学)蒙古科および東京大学文学部印度哲学科卒業。東京大学大学院人文科学研究科印度哲学専攻博士課程単位取得満期退学。文学博士(東洋大学)。専門はインド哲学、仏教学、密教学。大倉山文化学院研究員、東洋大学文学部教授などを経て東洋大学名誉教授。そのほか、東京外国語大学・専修大学・群馬大学・一橋大学・上智大学・東京大学大学院・名古屋大学大学院・北海道大学大学院・在家仏教協会・中央学術研究所の講師、妙楽寺(東京都八王子市)住職などを歴任する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)