オール図解!ピケティが教えてくれた格差と貧困のカラクリ―『21世紀の資本』これだけ知っていればいい

個数:
電子版価格 ¥1,018
  • 電書あり

オール図解!ピケティが教えてくれた格差と貧困のカラクリ―『21世紀の資本』これだけ知っていればいい

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年03月09日 17時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784331519363
  • NDC分類 331.82
  • Cコード C0095

内容説明

広がる格差社会にどう立ち向かうか?不平等な社会、不公正な制度をどう正すか?「本当の豊かさ」とは何か?こんな疑問に答えます。ピケティと『21世紀の資本』理解の決定版。

目次

1 ピケティと『21世紀の資本』(大ボリュームの『21世紀の資本』にはどんなことが書かれているの?;経済学者トマ・ピケティとは、いったいどんな人物なのか? ほか)
2 “資本(富)”とは何か(近代の大家が打ち立てた経済理論を一刀両断する;格差は資本の価値が高まることで拡大する ほか)
3 格差はどうして生まれ、広がるのか(世襲型中流階級の登場で格差は縮小した;少数の上位所得者は、増え続けている ほか)
4 格差を解決するための方法(見えない、見出せない富の分布;国家は集めた税をどのように使うのか ほか)
5 ピケティから見た日本の今とこれから(日本の経済政策―アベノミクスによる格差;日本の雇用―正規社員と非正規社員の格差 ほか)

著者等紹介

藪下史郎[ヤブシタシロウ]
1943年、兵庫県生まれ。早稲田大学名誉教授。東京大学経済学部、イェール大学大学院を卒業後、東京都立大学経済学部、横浜国立大学経済学部を経て、早稲田大学政治経済学術院教授に就任。2014年に同職を退官。専門は応用マクロ経済学と金融論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。