交通新聞社新書<br> プロ野球と鉄道―新幹線開業で大きく変わったプロ野球

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

交通新聞社新書
プロ野球と鉄道―新幹線開業で大きく変わったプロ野球

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 255p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784330863184
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0265

出版社内容情報

新幹線の開業はプロ野球にとって革命的な出来事だったかつて多くの球団を鉄道会社が保有していたように、古くから密接なつながりがあるプロ野球と鉄道。
チームの遠征においても鉄道は必要不可欠で、
新幹線の開業による所要時間の短縮は革命的な出来事だった。
本書では、黎明期から現在までのプロ野球と鉄道の関わりについて、
各種資料を検証・考察するとともに、
現在球団を保有する阪神電鉄や西武鉄道の取り組みなどを紹介。
さらに、金田正一氏や古葉竹識氏といった往時のスター選手たちが語るエピソードなど、
さまざまな視点からその深いつながりをひもといていく。

第一章 黎明期の職業野球
第二章 昭和の遠征事情
第三章 鉄道会社のプロ野球チーム
第四章 広島東洋カープと鉄道との密接な関係
第五章 西武鉄道と阪神電鉄の観客輸送への取り組み
第六章 12球団の本拠地球場と鉄道
第七章 かつての名選手に聞いた“プロ野球と鉄道”

田中正恭[タナカマサヤス]
著・文・その他

内容説明

かつて多くの球団を鉄道会社が保有していたように、古くから密接なつながりがあるプロ野球と鉄道。チームの遠征においても鉄道は必要不可欠で、新幹線の開業による所要時間の短縮は革命的な出来事だった。本書では、黎明期から現在までのプロ野球と鉄道の関わりについて、各種資料を検証・考察するとともに、往時のスター選手たちが語るエピソードなど、さまざまな視点からその深いつながりを紹介する。

目次

第1章 黎明期の職業野球
第2章 昭和の遠征事情
第3章 鉄道会社のプロ野球チーム
第4章 広島東洋カープと鉄道との密接な関係
第5章 西武鉄道と阪神電鉄の観客輸送への取り組み
第6章 12球団の本拠地球場と鉄道
第7章 かつての名選手に聞いた“プロ野球と鉄道”

著者等紹介

田中正恭[タナカマサヤス]
昭和30(1955)年神戸市生まれ。甲南大学卒。国内鉄道全線走破のほか、シベリア鉄道など海外27カ国を鉄道旅行。鉄道を中心とした執筆活動を続けている。熱心なプロ野球ファンでもあり、昭和57(1982)年から9年間阪急ブレーブス東京応援団として活動した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件