映画の前衛とは何か

個数:
  • ポイントキャンペーン

映画の前衛とは何か

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 14時58分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 358p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784329004840
  • NDC分類 778

目次

第1章 「前衛」とは何か
第2章 前衛映画は何を使命とし、どう振る舞うのか
第3章 映画が爆発する―二〇〇〇年代の映画
第4章 必読テキスト十二
第5章 正典に反対して
解題 アヴァンギャルドとは何か、何だったのか(佐古節子)

著者紹介

ブルネーズ,ニコル[ブルネーズ,ニコル][Brenez,Nicole]
パリ第三大学映画・視聴覚研究科教授。高等師範学校を卒業後、美術史家ユベール・ダミッシュのもとで、1989年にジャン=リュック・ゴダールの『軽蔑』に関する博士論文を提出。映画をめぐる理論的考察を展開する一方、1996年より、シネマテーク・フランセーズで前衛映画の上映プログラムを担当している

須藤健太郎[スドウケンタロウ]
1980年生まれ。パリ第三大学映画・視聴覚研究科博士課程在籍。シネマテーク・フランセーズ招聘研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)