小林惠子日本古代史シリーズ<br> 「壬申の乱」―隠された高市皇子の出自

個数:

小林惠子日本古代史シリーズ
「壬申の乱」―隠された高市皇子の出自

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年08月04日 18時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 269p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784329004772
  • NDC分類 210.34
  • Cコード C0321

目次

第1章 激動前夜の東アジア(雌伏する中大兄と奔る大海人;阿倍比羅夫の粛慎戦は高句麗救援だった;有間皇子弑殺事件;サーサーン朝ペルシア亡命王子卑路斯の来倭)
第2章 白村江の戦い(百済滅ぶ;斉明西征は任那まで行っていた;斉民怪死と額田王の出自;狐が蔦を喰いちぎる;唐の高句麗攻めと百済再興戦―豊璋と福信の確執;“白村江の戦い”と新羅の離反)
第3章 中大兄と大海人の対決(間人皇女は即位していた;着々すすむ天智包囲網;高句麗滅ぶ;天智天皇怪死の真相)
第4章 壬申の乱(大海人の援軍「唐人」来たる;高市皇子の誤算;近江朝派遣軍壊滅する;裏切りと大友皇子の最期)

著者等紹介

小林惠子[コバヤシヤスコ]
旧姓・稻田。1936年生。1958年岡山大学法文学部文学科東洋史専攻卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。