逃げる男・追う女―東アジアの説話半月弧

個数:
  • ポイントキャンペーン

逃げる男・追う女―東アジアの説話半月弧

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 341p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784329004697
  • NDC分類 388.2

内容説明

熊野街道を脛もあらわに女が走り、白夫人は中国近世の三都に出没する。“逃げる男・追う女”型説話には、原型となるマザーがあるのか。白川静門下の異才による稀有な文学的歴史叙述。

目次

第1章 雅な宮廷風美女は―江戸中期「蛇性の婬」
第2章 陽気な未亡人をよそおって―明末「白夫人雷峰塔」
第3章 放埒な白衣の妖女―南宋「西湖三塔記」
第4章 善妙は龍になったが―北宋「唐新羅国義湘伝」
第5章 悪しき女の抜苦のために―平安後期「紀伊国牟婁郡の悪女」
第6章 一途な思いなればこそ―道成寺説話のバリエイション

著者紹介

谷口義介[タニグチヨシスケ]
1943年生まれ。立命館大学大学院文学研究科(修士課程)修了。博士(文学)。専攻、東アジア古代史・日中比較文化。熊本短大教授をへて、摂南大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)