逃げる男・追う女―東アジアの説話半月弧

個数:

逃げる男・追う女―東アジアの説話半月弧

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 341p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784329004697
  • NDC分類 388.2

内容説明

熊野街道を脛もあらわに女が走り、白夫人は中国近世の三都に出没する。“逃げる男・追う女”型説話には、原型となるマザーがあるのか。白川静門下の異才による稀有な文学的歴史叙述。

目次

第1章 雅な宮廷風美女は―江戸中期「蛇性の婬」
第2章 陽気な未亡人をよそおって―明末「白夫人雷峰塔」
第3章 放埒な白衣の妖女―南宋「西湖三塔記」
第4章 善妙は龍になったが―北宋「唐新羅国義湘伝」
第5章 悪しき女の抜苦のために―平安後期「紀伊国牟婁郡の悪女」
第6章 一途な思いなればこそ―道成寺説話のバリエイション

著者紹介

谷口義介[タニグチヨシスケ]
1943年生まれ。立命館大学大学院文学研究科(修士課程)修了。博士(文学)。専攻、東アジア古代史・日中比較文化。熊本短大教授をへて、摂南大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)