正法眼蔵覚え書―続 正法眼蔵の世界

個数:

正法眼蔵覚え書―続 正法眼蔵の世界

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年05月26日 03時35分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 261p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784329004239
  • NDC分類 188.84
  • Cコード C0010

内容説明

『正法眼蔵』全巻の現代訳という大業をなし遂げた著者は、なお、思想家・哲学者としての道元に対座する。道元のあまりにも透きとおった、そのままが存在であるような堅牢緻密な名文の世界に魅せられながらも道元の説く存在の透脱を追い求める。

目次

光明
観音
古鏡
画餅
説心説性
密語
無情説法
法性

著者等紹介

石井恭二[イシイキョウジ]
1928年生まれ。道元に二十歳台から親しむ。57年、現代思潮社を創業。出版を通ずる思想運動によって、全世界に充満した進歩主義インテリゲンチャの弾劾とスターリニズム批判を展開した。時代に先駆けたサド、フーリエ、ロートレアモン、ブルトン、トロツキー、バタイユ、ブランショ、デリダなど多数の西欧近現代思想・哲学の紹介や埴谷雄高、渋沢龍彦などの著作、さらに日本古典群の刊行によって一時代を画し、その間、サド裁判を闘った伝説的出版人。96年、現代思潮社を退き、以後、著作に専念する
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。