シェイクスピアとの往還―日本シェイクスピア協会創立六〇周年記念論集

個数:

シェイクスピアとの往還―日本シェイクスピア協会創立六〇周年記念論集

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月15日 03時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 245p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784327472375
  • NDC分類 932
  • Cコード C3098

出版社内容情報

日本のシェイクスピア研究の最前線

1961年に創立され、今年で創立60年を迎える日本シェイクスピア協会の最新論文集です。ベテランから若手までの12名の寄稿者を迎え、シェイクスピアを中心とするエリザベス朝演劇や、シェイクスピアの日本での受容や翻案までを論じています。「還暦」を迎えた同協会は、シェイクスピアとの対話と往還を長年続けてきましたが、この新しい論集でも、丁寧なテクスト読解を堅持しながら、シェイクスピアとの「往還」の新しいかたちを提案しています。

<目次>
I
杉浦裕子    "Hark

内容説明

シェイクスピアとの対話と往還を続けてきた協会の最新論文集。創立60年、いわば「還暦」を迎えた協会に所属する12名の論者が、精緻なテクスト読解の伝統を堅持しつつ、新しい時代のシェイクスピア研究を切り拓く。

目次

1(“Hark,who is’t that knocks?”―『オセロー』四幕三場のノックの音についての一考察;「母とは呼べない、もはや墓場だ」―『マクベス』と死せるスコットランド;『お気に召すまま』における修辞のパロディ;『尺には尺を』における権力とエクイティ;「嘆かわしい一幕」―『リチャード二世』検閲説をめぐって ほか)
2(シェイクスピアを諷刺する―パルナッソス劇と世紀転換期の諷刺文化;シェイクスピア初期版本の話者表示(speech‐prefix)
ある詩人のファースト・フォリオ―一七世紀の旧蔵本
シェイクスピアを教える夏目漱石―「マクベスの幽霊に就て」から「坪内博士と『ハムレット』」へ
二人の「オフィーリア」―堀正旗『ハムレット現代に生きなば』(一九三〇)における女性像)