終わらないフェミニズム―「働く」女たちの言葉と欲望

個数:
  • ポイントキャンペーン

終わらないフェミニズム―「働く」女たちの言葉と欲望

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月15日 04時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 346p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784327472337
  • NDC分類 930.27
  • Cコード C3098

内容説明

フェミニズムの最前線から女たちの世紀を振り返る。前衛的モダニズム作家ヴァージニア・ウルフは女性運動の先駆者でもあった。フェミニズムが様々な変遷を経てきた今日、私たちはウルフからどれだけ遠くに来たのか。ポストフェミニズム/第三波フェミニズム、新自由主義、ケア労働、ワーク・ライフ・バランス、シングルマザー、貧困といった最前線のテーマから、これまでのフェミニズムとその文学・文化を再検討。

目次

第1部 ポストサフラジストの「自由」と消費文化(おひとりさまのロンドン―『遍歴』に見る働く独身女性表象と現代;「オーランドーな女子たち」が目指すもの―戦間期の「若返り」物語から見るポストフェミニズム世代の欲望と困難;ミドルブラウ文化と女性知識人―『グッド・ハウスキーピング』、ウルフ、ホルトビー)
第2部 変貌する家庭とケア労働(「距離というものには大変な力が」―『灯台へ』に見る労働者としての「母」と子どもの観察運動;家事労働を語ること―家庭の天使、『波』のスーザン、ハウスワイフ2・0;ヴァージニア・ウルフと「誰もの生」―『波』におけるハイ・モダニズム、キャラクター、情動労働)
第3部 ポストフェミニズム状況下の労働と共通文化(フェミニズムの戸惑い―第二波フェミニズム前後の「働く」女の「自伝」;ポストフェミニズムからポスト新自由主義へ―『めぐりあう時間たち』と『メイド・イン・ダゲナム』における女たちの「連帯」;女性は「すべてを手に入れる」ことができるのか?―ワーク・ライフ・バランスをめぐる「マミー・リット」の模索)
第4部 旅するフェミニズム(ウルフ、ニューヨーク知識人、フェミニズム批評―もうひとつ別の「成長」物語?;「少女」の誕生と抵抗―孤児アンの物語の原作と日本における受容をめぐって)

著者紹介

河野真太郎[コウノシンタロウ]
一橋大学大学院商学研究科准教授

麻生えりか[アソウエリカ]
青山学院大学文学部教授

秦邦生[シンクニオ]
青山学院大学文学部准教授

松永典子[マツナガノリコ]
帝京大学理工学部専任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

★フェミニズムの最前線に歴史の光を当てる
前衛的モダニズム作家ヴァージニア・ウルフは、『自分ひとりの部屋』等の著作によって女権運動の先駆的存在とも見なされる。フェミニズムが様々な変遷を経てきた今日、私たちはウルフからどれだけ遠くへ来たのか。あるいは、今なおウルフのすぐそばに留まっているのか。ケア労働、第三波フェミニズム/ポストフェミニズム、新自由主義、ワーク・ライフ・バランス、働くシングルマザーといったアクチュアルなテーマから、フェミニズムの最前線で起こっていることを歴史的に考察する。

第I部 ポストサフラジストの「自由」と消費文化
 第1章 おひとりさまのロンドン
      ──『遍歴』にみる働く独身女性表象と現代(大道千穂)
 第2章 「オーランドーな女子たち」が目指すもの
      ──戦間期の「若返り」物語からみるポストフェミニズム世代の欲望と困難(加藤めぐみ)
 第3章 ミドルブラウ文化と女性知識人
      ──『グッド・ハウスキーピング』、ウルフ、ホルトビー(松本 朗)
 
第II部 変貌する家庭とケア労働
 第4章 「距離というものには大変な力が」
      ──『灯台へ』にみる「母」としての労働者と子どもの観察運動(矢口朱美)
 第5章 家事労働を語ること
      ──家庭の天使、『波』のスーザン、ハウスワイフ2.0 (ツーポイントゼロ)(麻生えりか)
 第6章 ヴァージニア・ウルフと「誰もの生」
      ──『波』におけるハイ・モダニズム、キャラクター、情動労働(秦 邦生)
 
第III部 ポストフェミニズム状況下の労働と共通文化
 第7章 フェミニズムの戸惑い
      ──第二波フェミニズム前後の「働く」女の「自伝」(松永典子)
 第8章 ポストフェミニズムからポスト新自由主義へ
      ──『めぐりあう時間たち』と『メイド・イン・ダゲナム』における女たちの「連帯」(河野真太郎)
 第9章 女性は「すべてを手に入れる」ことができるのか?
      ──ワーク・ライフ・バランスをめぐる「マミー・リット」の模索(英 美由紀)
 
第IV部 旅するフェミニズム
 第10章 ウルフ、ニューヨーク知識人、フェミニズム批評
       ──もうひとつ別の「成長」物語?(大田信良)
 第11章 「少女」の誕生抵抗
       ──孤児アンの物語の原作と日本における受容をめぐって(伊藤 節)

コラム:ファッションは女性の味方?(高井宏子)/モダニズム、精神分析、フェミニズム(遠藤不比人)/娼婦、それは連帯するポストフェミニスト(丹羽敦子)/居住空間と女性建築家(菊池かおり)/ドリス・レッシングと家事労働の「外注化」(?島美和)/一九八〇年代とジャネット・ウィンターソンの「幸福」(植松のぞみ)/映画に見る性愛と婚姻の変遷(山口菜穂子)/ヴァージニア・ウルフの翻案作品と消えない不安(高橋路子)/フェミニズムとパシフィズム(奥山礼子)/「第三世界に女はいない」?(中井亜佐子)

日本ヴァージニア・ウルフ協会[ニホンヴァージニア ウルフキョウカイ]

河野 真太郎[コウノ シンタロウ]
一橋大学大学院商学研究科准教授

麻生 えりか[アソウ エリカ]
青山学院大学文学部教授

秦 邦生[シン クニオ]
青山学院大学文学部准教授

松永 典子[マツナガ ノリコ]
提供大学理工学部専任講師

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件