アウトプットに必要な基本英語表現

個数:

アウトプットに必要な基本英語表現

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月26日 15時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 138p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784327441067
  • NDC分類 837.8
  • Cコード C1082

出版社内容情報

ネイティブと英語を話す際、「想定される状況」「よく話題になること」をイメージしておけば、予想以上にたくさんのことが話せる。本書はそうした状況をピックアップし、そこで使うと効果的な基本表現を多数紹介する。

内容説明

「英語でコミュニケーションを行なう場面」をイメージし、準備しておけば、話せる!英語のアウトプットが必要となる状況と話題をピックアップし、そこで使うと効果的な基本表現を多数紹介!『アウトプットに必要な基本英文法』の実践編!

目次

自分について話す(自己紹介)
あいさつする/あいさつに答える
一緒にいる人を紹介する
家族や親せきについて話す
在学中の「卒業した」学校について話す
出身地や故郷について話す
職業/仕事の内容/職場について話す
天気について話す
外国人に日本の天候について話す
ホテルのフロントや会社の受付などで名乗る〔ほか〕

著者等紹介

バーダマン,ジェームス[バーダマン,ジェームス] [Vardaman,James M.]
1947年、テネシー州メンフィス生まれ。ハワイ大学大学院修了(専攻はアジア研究)。早稲田大学文化構想学部教授

安藤文人[アンドウフミヒト]
1957年、岐阜県岐阜市生まれ。早稲田大学大学院文学研究科英文学専攻博士後期課程単位取得満期退学。早稲田大学文化構想学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ななつ

32
アウトプットしてみよう!I have...I'd like to...I hear you...What's your take on..?What's your view on..?It's inappropriate for you to...It's about time for me...Could you tell me..?Will that be ..?2019/05/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9801533

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。