ホスピタリティ・マインド実践入門

個数:
電子版価格 ¥550
  • 電書あり

ホスピタリティ・マインド実践入門

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月04日 21時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 243p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784327377007
  • NDC分類 673
  • Cコード C2034

出版社内容情報

NPO法人 日本ホスピタリティ推進協会 推薦。「ホスピタリティ・マインド」であなたのコミュニケーションを劇的に変える!

内容説明

個人レベルから組織レベル、ホテル・レストラン・旅行などのサービス業から医療・福祉・美容・行政・教育・金融・運輸・流通・情報通信まで、あなたも今日から始められます。

目次

第1章 ホスピタリティ・マインドとは
第2章 ホスピタリティ・マインドと人間行動の特質
第3章 ホスピタリティ・マインドが生きるTPOと5W1H
第4章 ホスピタリティ・マインドを個人として生かすには
第5章 ホスピタリティ・マインドを組織として生かすには
第6章 「お金」とホスピタリティ・マインド
第7章 異業種間で生かされるホスピタリティ・マインド
第8章 国境を越えて生かせるホスピタリティ・マインド
第9章 これからのホスピタリティ

著者等紹介

石川英夫[イシカワヒデオ]
埼玉県出身。埼玉県春日部高等学校から早稲田大学第一文学部英文科へ。在学中に運輸大臣施行通訳案内業(英語による観光通訳ガイド)国家試験に合格。1958年博報堂入社。沖縄駐在員事務所長(2年間)、社費による海外留学資格取得試験に合格(第一期生)、ニューヨーク駐在員事務所長(4年間)、博報堂海外ネットワーク局長、統合本部主査兼(株)プレスティージ・プロダクツ・プロモーション(PPP)代表取締役社長、アジア太平洋観光協会(PATA)日本支部理事、PATA財団評議員、博報堂役員待遇(国際担当)、常勤顧問を経て、2000年2月退職。城西大学女子短期大学部専任教授、明治大学経営学部、茨城大学人文学部および大学院人文科学研究科、早稲田大学大学院公共経営研究科などの非常勤講師を歴任。平成19年5月現在、日本大学商学部および大学院商学研究科ビジネスコース、島根県立大学総合政策学部などの非常勤講師および日本大学通信教育部のインストラクタを務めている。所属団体:NPO法人日本ホスピタリティ推進協会(JHMA)常任理事、日本ホスピタリティ・マネジメント学会、(社)日本観光通訳協会、(社)日本外国特派員協会、(社)日本時事英語学会。バドワイザービールの日本市場参入プロジェクトに博報堂チームのリーダーとして関わる(社長賞受賞)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

pocco@灯れ松明の火

6
ホスピタリティはボランティア研修で習った言葉。実践はとても難しい。けど、時々、読み返して、またGIVE IT A TRY!2015/06/19

haru

5
★2/5 日常生活におけるホスピタリティについて書かれた本。確かに仕事以外の面では、面倒くさいが先に来てしまっているなあと反省はした。ただ本の内容としては、愚痴や嫌味を連発しながら、言いたいことを取り留めもなく書いたという感じで、何が言いたいのかよく分からなかった。ふと思い立って手紙を書き、返事が来ないと催促し、その内容が失礼で憤慨…っていう話が何度も出てきたけど、勝手にやったことへの見返りを求め出したら、もうそれはホスピタリティではないのでは、と思ってしまった。2014/12/30

Syun

1
ホスピタリティのなんたるか、そして現代社会での必要性は理解できたかもしれない。が、実例が著者の体験した悪例、ダメ出しが多く辟易した。主に日本の組織へのバッシング、クレームで欧米を持ち上げる姿勢。途中からクレーマー老人を連想してしまって受け付けなかった。もっと良い事例や具体的な改善の方向性で展開してくれたら良かったように思う。コアとなる主張、論理はためになっただけに残念。2015/11/23

yoshi

1
最近よく耳にするホスピタリティ。日本人はその高さで海外に認められているが、外国人に学ぶ所もたくさんある。例えばお世話になったら即お返しを。お礼の手紙を書くことはとても面倒に感じるが、めんどくさいはタブー。ホスピタリティを極めるのは大変で緊張の連続のようだが、基本は ありがとう ごめんなさい の二言。これならできる!2013/08/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1930382

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。