石と光の思想―ヨーロッパで考えたこと

石と光の思想―ヨーロッパで考えたこと

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 333p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784326850150
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0098

内容説明

存在論的視座から独自の文芸評論を展開する気鋭の評論家が、ヨーロッパ文化の原点をその合理主義的生活の基盤である「石」造建築と「光」の恩恵に乏しい風土のイメージから鋭く捉えた異色のエッセイ集。

目次

石の思想
パリの孤独
ロマネスク教会巡礼
フェルメールの世界
フィレンツェの春
ヴェネチアの光と影
ミラノの詩人
スペイン、わが愛
モーツァルト論
オディロン・ルドン論〔ほか〕

出版社内容情報

ヨーロッパの合理主義的生活の基盤である「石」造建築と「光」の恩恵に乏しい風土のイメージによって,その文化の原点を,〈石と光の思想〉として捉える。

【目次】
 Ⅰ
石の思想
 Ⅱ
パリの孤独
シャルトル
ロマネスク教会巡礼
ブルターニュ
 Ⅲ
フェルメールの世界
ネーデルランドの狂気
 Ⅳ
フィレンチェの春
ヴェネチアの光と影
パドヴァ
ミラノの詩人
アシジの丘
ラヴェンナの月
 Ⅴ
スペイン、わが愛
 Ⅵ
モーツァルト論
オディロン・ルドン論

あとがき