保育実践と児童家庭福祉論

個数:

保育実践と児童家庭福祉論

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年10月24日 10時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 132p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784326701025
  • NDC分類 369.4
  • Cコード C3036

内容説明

「指定保育士養成施設の指定及び運営の基準について」に定められた科目「児童家庭福祉」の目標・内容を満たす入門者必携のテキスト。

目次

児童家庭福祉の理念と歴史的展開
現代社会と児童家庭福祉
児童家庭福祉の一分野としての保育
児童の人権擁護と児童家庭福祉
児童家庭福祉の法律と行財政
児童家庭福祉の実施機関・施設と専門職
少子化と子育て支援サービス
母子保健と児童の健全育成
多様な保育ニーズへの対応
虐待防止、ドメスティック・バイオレンス
社会的養護
障害のある児童への対応
非行への対応
子ども・子育て支援と児童家庭福祉の推進
保育と教育・療育・保健・医療等の連携とネットワーク

著者等紹介

相澤譲治[アイザワジョウジ]
1958年生まれ。神戸学院大学教授

今井慶宗[イマイヨシムネ]
1971年生まれ。関西女子短期大学講師、保育士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

現代社会における児童家庭福祉の意義と歴史的変遷、保育、制度の実施体系、現状と課題などを相互に関連づけながら総合的に学べるよう配慮したテキスト。次々と新しくなる制度・政策や統計情報もできるだけ最新のものを取り入れた。