孤立不安社会―つながりの格差、承認の追求、ぼっちの恐怖

個数:
電子版価格 ¥3,080
  • 電書あり

孤立不安社会―つながりの格差、承認の追求、ぼっちの恐怖

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年05月09日 11時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 279p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326654185
  • NDC分類 361.3
  • Cコード C3036

出版社内容情報

人とつながっていても不安がなくならない。つながる機会の多さと裏腹に増してゆく不安。現代社会の孤立問題を多角的に読み解く。

はじめに

序 章 孤立不安社会の到来――個人化の果てに
 1 孤独・孤立を不安視する社会
 2 「選択的関係」の主流化と孤立不安社会
 3 つながり格差の発生
 4 自己決定と関係性の再編
 5 私たちの人間関係
 6 本書の構成

第?部 選ばれない不安

第一章 選ばれない不安、毀損される承認――婚活を事例として
 1 私たちの人間関係――序章を振り返って
 2 変わりゆく承認
 3 承認の獲得としての婚活
 4 コミュニケーションの当惑
 5 婚活の明暗
 6 婚活の果てに――承認獲得競争の顛末

第二章 つながり格差の時代――迫り来る孤立の恐怖
 1 格差化するつながり
 2 人間関係の効用
 3 つながり格差の実態 1――恵まれる上位層、排除される下位層
 4 つながり格差の実態 2――同類的集団の形成
 5 「選び、選ばれる関係」の不透明さと恐ろしさ

第?部 選ばせられる孤立

第三章 孤立と自己決定の危うい関係
 1 孤立する自由と不安定化の狭間で
 2 孤立死とその対策
 3 孤立者を支援することの難しさ
 4 孤立死をめぐる自己決定問題
 5 孤立と自己決定の複雑な関わり
 6 孤立死問題への対応と善き社会に向けて

第四章 私たちの人間関係にひそむ象徴的支配
 1 孤立を促す生活態度への着目
 2 自己への関心と親による面倒見――分析モデルの提示
 3 分析に用いる変数
 4 自己への関心、親による面倒見は孤立と関連するのか――計量的分析
 5 孤立をめぐる重層的な排除――本章のまとめ

第?部 つながりづくりの困難

第五章 つながる地域は実現するのか――地域社会の関係性
 1 つながりを望まれる地域
 2 研究のなかでの地域のつながり
 3 量的調査から見る地域のつながり
 4 現代社会の近隣関係

第六章 なぜ私たちはつながらないのか――都市郊外の研究から
 1 コミュニティの十字架を背負って
 2 郊外都市多摩市の概要
 3 コミュニティセンターの概要
 4 住民が織りなす「コミュニティ」
 5 つながる地域を実現するために

終 章 孤立不安を越えて
 1 これまで見てきたこと
 2 孤立からの脱却――弱い紐帯再訪
 3 孤立不安社会からの脱却

補 論 SNSとつながり――ケータイ、スマホによる「自由からの逃走」
 1 情報通信機器と人間関係
 2 「選択的関係」の主流化
 3 常時接続の時代
 4 グレーゾーンの撤廃
 5 これからの関係性

あとがき
文  献
索  引
初出一覧

石田 光規[イシダ ミツノリ]
著・文・その他

内容説明

人とつながっていても不安がなくならない。つながる機会の多さと裏腹に増してゆく不安。現代社会の孤立問題を多角的に読み解く。

目次

孤立不安社会の到来―個人化の果てに
第1部 選ばれない不安(選ばれない不安、毀損される承認―婚活を事例として;つながり格差の時代―迫り来る孤立の恐怖)
第2部 選ばせられる孤立(孤立と自己決定の危うい関係;私たちの人間関係にひそむ象徴的支配)
第3部 つながりづくりの困難(つながる地域は実現するのか―地域社会の関係性;なぜ私たちはつながらないのか―都市郊外の研究から)
孤立不安を越えて
補論 SNSとつながり―ケータイ、スマホによる「自由からの逃走」

著者等紹介

石田光規[イシダミツノリ]
1973年生まれ。2007年東京都立大学大学院社会科学研究科社会学専攻博士課程単位取得退学(社会学博士)。現在、早稲田大学文学学術院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。