貧困問題とは何であるか―「開発学」への新しい道

個数:

貧困問題とは何であるか―「開発学」への新しい道

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年08月19日 22時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 286p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326653508
  • NDC分類 333.8
  • Cコード C3036

内容説明

貧困の社会科学へ。学際的な貧困研究を通じて浮かび上がる新たな「開発学」の姿。途上国の人々の状況を改善するための道筋を提示する。

目次

序章 貧しい人々は何をもっているか:展開する貧困問題への視座
第1章 社会科学としての貧困研究:貧困問題と経済学の出会い
第2章 自由を設計することの矛盾:貧困研究と制度論
第3章 近代国家を超える貧困問題:貧困研究と政治学
第4章 「開発社会学」の挑戦:貧困研究と社会学
第5章 他者の生き方を書く:貧困研究と人類学
第6章 貧困をみる眼と自由の選択:価値実現論からのアプローチ
終章 貧困問題とは何であるか:開発学への新しい道

著者等紹介

下村恭民[シモムラヤスタミ]
1940年生まれ。コロンビア大学Graduate School of Business(MBA)。法政大学人間環境学部教授。経済協力、アジア経済

小林誉明[コバヤシタカアキ]
1972年生まれ。上智大学大学院研究科博士課程修了。博士(法学)。国際協力機構JICA研究所勤務。政治経済学、国際協力論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「われわれは貧困について、どれだけのことを理解しているだろうか」。貧困に関して、語る、問う、調べる、学ぶ、気づく、知る、行動する、実践する、現場に行く、展望する、提案する──「貧困の社会科学」が必要だ。途上国の経済社会には、固有の「成果をあげるしくみ」が埋め込まれている。貧困な国々、人々が「もっているもの」の力。

目次
まえがき
序章 貧しい人々は何をもっているか:展開する貧困問題への視座[佐藤仁]
 1 「貧困」への問い  
 2 貧しい人々をどう見るか  
 3 貧困化のメカニズム:構造からのアプローチ  
 4 無いものから、在るものへ  
 5 顕在化の道筋をつける開発学  
第1章 社会科学としての貧困研究:貧困問題と経済学の出会い[野上裕生]
 1 経済学の原点としての貧困問題  
 2 河上肇の場合  
 3 「貧困の罠と悪循環」とその周辺  
 4 『貧乏物語』から『貧困問題の社会科学』へ
第2章 自由を設計することの矛盾:貧困研究と制度論[受田宏之]
 1 設計志向とインフォーマリティ  
 2 インフォーマリティ(インフォーマル部門)をめぐる論争
 3 草の根資本主義の提唱:デソトのインフォーマリティ論の衝撃  
 4 デソトのインフォーマリティ論で見落とされているもの
 5 デソトのインフォーマリティ論への反証:メキシコのオトミー移住者の事例  
 6 自由を設計することの矛盾
第3章 近代国家を超える貧困問題:貧困研究と政治学[小林誉明]
 1 貧困問題とはどのような「問題」か  
 2 貧困問題に向き合う政治学  
 3 貧困問題に立ち向かう国家  
 4 近代国家の枠組を超える現代の貧困と政治学の挑戦
第4章 「開発社会学」の挑戦:貧困研究と社会学[辰己佳寿子]
 1 「越境する知」とよばれる社会学  
 2 日本の社会学における国内の貧困研究  
 3 日本の社会学における〈途上国〉研究の可能性  
 4 「越境する知」としての「開発社会学」 
第5章 他者の生き方を書く:貧困研究と人類学[青山和佳]
 1 人類学とはどのような学問か  
 2 民族誌を書く:実践・総体性・他者との関係  
 3 ふたりのルイス:経済発展と生活世界の「貧困」  
 4 消えた生活世界への関心:開発問題としての「貧困」  
 5 複数形の世界の並存をゆるすこと:自らの当事者性を問う
第6章 貧困をみる眼と自由の選択:価値実現論からのアプローチ[大場裕之]
 1 貧困ではなく、「貧困をみる眼」が問題  
 2 所得貧困が解決されれば、人間は幸せになるのか  
 3 貧困研究の多様化を「欠乏」の視点から全体的に捉える
 4 貧困もしくは「欠乏」現象の背後にある人間の潜在能力を問う  
 5 ホリスティックな欠乏(=貧困)からの解放の鍵となる「自由の選択」 
終章 貧困問題とは何であるか:開発学への新しい道[下村恭民]
 1 本書の目的  
 2 貧困とは何か:諸学の知的資産の再整理  
 3 貧困脱却の契機  
 4 「開発学」への道程
索引/執筆者略歴