憲法教育と社会理論―立憲主義は現代教育に通用するか

個数:

憲法教育と社会理論―立憲主義は現代教育に通用するか

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ B6判/ページ数 239,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326653492
  • NDC分類 372.1
  • Cコード C3036

内容説明

近代教育の抑圧から逃れなければならない。だから「自立」しなくてはならない。はたしてそうだろうか。様々な「教育テクノロジー」が進歩し、誰もがよりよい「教育方法」について論じている教育の現在のなかで。

目次

序章 「近代教育」からの解放?追放?―本書の問題意識について
第1章 「憲法教育」とは何か―本書の目的と思考枠組について
第2章 『現代社会』教科書が示す「社会」観―三つの「自己実現のための実践」を「立憲主義」によって検討する
第3章 戦後日本の学校教育における「教育権」―「国民の教育権論」を検討する
第4章 戦後日本の教育における「価値多元主義」―「国民の教育権論」を批判する「教育行政=制度論」を検討する
第5章 「価値多元主義」を維持・展開する方策―「教育権の再生産論」と「切り札としての人権論」を取り上げる
第6章 「価値多元主義」の実践へ向けて―ブルデューの「グローバリズム批判」を検討する

著者等紹介

鈴木弘輝[スズキヒロキ]
1970年神奈川県生まれ。東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程修了。都留文科大学・首都大学東京非常勤講師。社会学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「規律訓練型管理」の「近代教育」は抑圧的なものである。しかしすでにそうした議論自体が新たな抑圧を生じさせているのではないだろうか。「抑圧から逃れなければならない」だから「自立」しなくてはならない、と。「集団の維持」と「それぞれの自立」への二極化のなかで必要になること。立憲主義の社会観がその手がかりになる。

目次
序 章 「近代教育」からの解放?追放?――本書の問題意識について
 「近代教育の限界」に関する議論
 「日本の学校教育をめぐる状況」の一端  
 「近代教育」からの解放?追放?
第1章 「憲法教育」とは何か――本書の目的と思考枠組について
 「憲法教育」という言葉の意味
 「二つの『社会』の並存」という考え方
 本書の流れ
第2章 『現代社会』教科書が示す「社会」観――三つの「自己実現のための実践」を「立憲主義」によって検討する
 「『社会』を教育する」ことの意味
 『現代社会』教科書の内容
 『現代社会』教科書と「立憲主義」
第3章 戦後日本の学校教育における「教育権」――「国民の教育権論」を検討する
 「教育を受ける権利」=「教育権」をめぐる議論
 「国民の教育権論」の内容
 「国民の教育権論」の歴史的経緯
 「国民の教育権論」の「社会」観
第4章 戦後日本の教育における「価値多元主義」――「国民の教育権論」を批判する「教育行政=制度論」を検討する
 批判される「国民の教育権論」
 デュルケムとロールズの「継ぎ木」
 「教育行政=制度論」の「社会」観
第5章 「価値多元主義」を維持・展開する方策――「教育権の再生産論」と「切り札としての人権論」を取り上げる
 再び批判される「国民の教育権論」
 ブルデューの「再生産論」に依拠した「国民の教育権論」批判
 教育システムの自律性
 切り札としての人権論
 「システムの自律性」への対抗
第6章 「価値多元主義」の実践へ向けて――ブルデューの「グローバリズム批判」を検討する
 ブルデューの来歴
 『世界の悲惨』のブルデュー
 晩年のブルデューの実践
 二つのコミュニケーションの「乖離」
 新たな「価値多元主義」に向けた「二つの『人間』観」の構築
 新たな時代の「憲法教育」
あとがき/文献/索引