世界の儚さの社会学―シュッツからルーマンへ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 206,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326652686
  • NDC分類 361.253
  • Cコード C3036

出版社内容情報

本書は、「世界の儚さ」という主題を、シュッツからルーマンヘとつらなる緩やかな軌跡の中に辿ろうとする試みである。まずシュッツについて、その仕事が現代社会理論の展開においてもつ意義をとりあげる。次に、ルーマンの議論の核心にある<できごと>という概念をめぐって、時間、世界、観察、他者という四つのテーマに即して論じていく。その意味で本書は、ルーマン理論における<できごと>とは何かという問いに答えようとするものでもある。ラディカル構成主義という認識論的立場を、自己指示的システム理論という学の成立をかけて表現しようと

【目次】
はじめに

序章 世界の儚さという主題―シュッツからルーマンへ
  Ⅰ
第1章 出発点としてのシュッツ
 1 現象学的社会学
 2 社会科学における「ガリレイ論」
 3 <私>―体験と意味
 4 まなざしの交錯
 5 他者を理解するということ

第2章 転換点としてのシュッツ
 1 隠されていた問題
 2 自然的態度の構成的現象学
 3 <内世界的レベル>への内属
 4 <私>の立場の徹底
 5 転換点としてのシュッツ

  Ⅱ
第3章 不可逆性のメタファー
 1 理論のはじまるところ
 2 ハイデガーの時間論―Ereignisとは何か
 3 二つの現在―時間生成のメカニズム

第4章 世界と<できごと>
 1 自己指示的システム理論
 2 世界を経験するということ
 3 <できごと>の影

第5章 観察と他者性
 1 観察者=行為者
 2 脱原パラドクスという営み
 3 社会性を刻印された行為

第6章
 1 現代社会理論における他者の問題
 2 不透明な他者
 3 愛の関係―<できごと>としての愛

あとがき
文献
索引 

内容説明

本書は、「世界の儚さ」という主題を、シュッツからルーマンへとつらなる緩やかな軌跡の中に辿ろうとする試みである。まずシュッツについて、その仕事が現代社会理論の展開においてもつ意義を、「出発点」としてのシュッツ/「転換点」としてのシュッツという二つの視点からとりあげる。次に、ルーマンの議論の核心に置かれている「できごと」という概念をめぐって、それがもつさまざまなインプリケーションを、大きく「時間」、「世界」、「観察」、「他者」という四つのテーマに則して論じていく。

目次

序章 世界の儚さという主題―シュッツからルーマンへ
第1章 出発点としてのシュッツ
第2章 転換点としてのシュッツ
第3章 不可逆性のメタファー
第4章 世界と「できごと」
第5章 観察と他者性
第6章 他者の経験

著者等紹介

吉沢夏子[ヨシザワナツコ]
1955年東京生まれ。1983年慶応義塾大学大学院社会学研究科博士課程単位取得修了。現在、日本女子大学人間社会学部教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

じょに

0
ちょっとなぁ。世界が儚いのか?

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/23693

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。