生活不安定層のニーズと支援―シングル・ペアレント、単身女性、非正規就業者の実態

個数:

生活不安定層のニーズと支援―シングル・ペアレント、単身女性、非正規就業者の実態

  • 提携先に10冊在庫がございます。(2021年04月23日 23時58分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 166p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326603329
  • NDC分類 364
  • Cコード C3036

出版社内容情報

社会で顕在化する生活の不安定リスクの高い層を対象に調査を行い、実態解明と、支援のあり方について事実の提示と批判的検討を行う。

男性高齢単身者、シングルマザー、就職氷河期世代の非正規就業者などの生活不安を抱える層は、複合的な課題を内包している。女性の社会進出や単身世帯の増加により、従来の制度では実際の社会ニーズに対処できない事態が生じている。各クラスターでいかなる真の支援ニーズがあるのかを明らかにし、今後の社会保障のあり方を提言する。

内容説明

現場で求められる支援ニーズとは何か。社会で顕在化する、生活の不安定リスクの高い層を対象とした調査によって、その実態を解明するとともに、生活保障という視点から、今後の支援の方向性を検討する。

目次

第1部 生活保障と日本社会(生活保障の社会科学;生活保障としての働き方と家族の変化;生活支援の動き―地方自治体を中心とする生活支援提供体制の可能性;狭間へのアプローチ―政策研究としての質的調査の課題)
第2部 さまざまな支援ニーズの分析(高齢男性単身者の生活と生活不安と課題;女性のひとり親、単身女性の生活不安と支援の限界;就職氷河期世代の生活と生活の向上―支援ニーズから;相談窓口支援の今後)

著者等紹介

西村幸満[ニシムラユキミツ]
東京工業大学大学院理工学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、国立社会保障・人口問題研究所社会保障応用分析研究部第1室長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。