エスノメソドロジーと科学実践の社会学

個数:

エスノメソドロジーと科学実践の社会学

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月19日 08時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 487p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326602445
  • NDC分類 361.16
  • Cコード C3036

内容説明

エスノメソドロジーで読み解く「日常生活」と「科学実践」。

目次

第1章 エスノメソドロジー
第2章 「古い」科学社会学の終焉
第3章 新しい科学知識の社会学の興隆
第4章 現象学とプロト・エスノメソドロジー
第5章 ウィトゲンシュタイン、ルール、認識論のトピック
第6章 分子社会学
第7章 本質から個性原理へ―ワークのエスノメソドロジー研究
結論

著者等紹介

リンチ,マイケル[リンチ,マイケル][Lynch,Michael]
1948年、インディアナ州インディアナポリス生まれ。コーネル大学卒業後、カリフォルニア大学アーバイン校にて博士号取得。1999年よりコーネル大学科学技術研究院教授。科学実践の社会学的研究、エスノメソドロジーの方法論的研究などを行なっている。2009年まで「科学の社会的研究学会(4S)」会長。1995年、『エスノメソドロジーと科学実践の社会学』によりアメリカ社会学会ロバートK.マートン賞受賞

水川喜文[ミズカワヨシフミ]
慶応義塾大学大学院社会学研究科社会学専攻後期博士課程単位取得満期退学。社会学修士。北星学園大学社会福祉学部・大学院社会福祉研究科教授

中村和生[ナカムラカズオ]
明治学院大学大学院社会学研究科後期博士課程単位取得満期退学。修士(社会学)。青森大学社会学部社会学科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kys

0
勉強にはなった。ちょっと偏りはある気はするが、門外漢なので…。科学社会学を門外漢が概観するのには有効だったが、エスノメソドロジーへの理解はあまり深まらなかった。2016/11/05

まつゆう

0
ううむ難しい。科学を構築的に捉える時にまつわる様々な諸問題とエスノメソドロジーを関連させて論じているのは分かるが、正直理論の話で使いにくい。自分の研究と関連させて読むのはもう少し先になりそうである。2016/10/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5534865

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。