日本大学法学部叢書<br> 日米の税制改革と租税論の展開

  • ポイントキャンペーン

日本大学法学部叢書
日米の税制改革と租税論の展開

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 229p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784326500772
  • NDC分類 345.1
  • Cコード C3034

内容説明

成熟型税制をいかに構築するのか。理念、政治過程、直間比率、経済的効果など両国の差異を様々な角度から比較・検討する。

目次

第1章 税制改革の基本理念
第2章 税制改革と財政再建
第3章 日本の税制改革と政策決定過程
第4章 レーガン税制改革と政策形成過程
第5章 日米両国における税制改革の比較
第6章 レーガン税制改革と付加価値税導入の可能性
第7章 日本高齢化社会と税制改革
第8章 高齢化社会と社会保障財政

出版社内容情報

80年代のアメリカにおいてレーガン税制改革が成功したのに対して,日本の税制改革は,何故途中で挫折せざるを得ないのか。成熟型税制の構築のためには何が必要か考える。

【目 次】

はしがき

第1章 税制改革の基本理念

第2章 税制改革と財政再建

第3章 日本の税制改革と政策決定過程

第4章 レーガン税制改革と政策形成過程

第5章 日米両国における税制改革の比較

第6章 レーガン税制改革と付加価値税導入の可能性

第7章 日本最高齢化社会と税制改革

第8章 高齢化社会と社会保障財政

あとがき