KDDI総合研究所叢書<br> 災害復興法学の体系―リーガル・ニーズと復興政策の軌跡

個数:

KDDI総合研究所叢書
災害復興法学の体系―リーガル・ニーズと復興政策の軌跡

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2020年07月06日 05時41分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 428p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326403516
  • NDC分類 369.3
  • Cコード C3032

目次

第1章 災害復興法学の体系化を目指して
第2章 災害時の無料法律相談分析の意義と災害復興法学に関する先行研究
第3章 東日本大震災無料法律相談情報分析結果
第4章 広島市豪雨災害無料法律相談情報分析結果
第5章 熊本地震無料法律相談データ分析結果
第6章 リーガル・ニーズの分析と災害復興政策の実現
第7章 分野横断的な復興政策モデルの構築
第8章 災害復興法学の実践
第9章 考察
第10章 結論と展望

著者等紹介

岡本正[オカモトタダシ]
1979年生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。博士(法学)。2003年弁護士登録。2016年より銀座パートナーズ法律事務所パートナー。マンション管理士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、医療経営士、防災士、防災介助士。内閣府上席政策調査員として出向中に東日本大震災が発生。国家公務員や日本弁護士連合会災害対策本部嘱託室長として災害復興支援に関わったことを契機に、「災害復興法学」を創設。慶應義塾大学法科大学院・同法学部の非常勤講師を務める。2013年度から2016年度まで中央大学大学院公共政策研究科客員教授を務めた。日本組織内弁護士協会副理事長、公益財団法人東日本大震災復興支援財団理事等公職・役職を歴任する。第1回危機管理デザイン大賞RiMDA賞、第6回若者力大賞ユースリーダー支援賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

被災地での無料法律相談で明らかになったリーガル・ニーズとそれに基づく政策提言は、どのようにして既存の制度を打ち破ったのか。東日本大震災後の弁護士による無料法律相談は、被災者の真のニーズを浮き彫りにし、生活再建の達成という理念のもと、既存の法規範ではなしえなかった画期的な制度を生み出した。その成果は、広島土砂災害や熊本地震の復興、そして防災の叡智として受け継がれている。「災害復興法学」の創設者による復興政策と防災教育への道しるべ。

岡本 正[オカモト タダシ]
著・文・その他