憲法演習自習セレクト50

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 200,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326402212
  • NDC分類 323.14
  • Cコード C3032

内容説明

厳選した憲法の主要論点50のテーマにつき、工夫された叙述構成でコンパクトに解説。演習用・自習用のテキストとして最適。

目次

第1部 人権(外国人の人権;法人と人権;公務員の人権;子どもの人権 ほか)
第2部 統治(国民主権と国民代表制;象徴天皇制;権力分立;二院制 ほか)

著者等紹介

小林孝輔[コバヤシタカスケ]
1922年東京市(旧)生。1950年早稲田大学法学部卒(兵役)同大大学院修。1951‐91年間青山学院大学ほか早稲田大学、明治大学大学院等で憲法、比較法を講義。1978‐88年間日本学術会議会員。1992年以降札幌大学大学院教授、国士舘大学大学院客員教授、青山学院大学名誉教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

厳選した憲法の主要論点50のテーマにつき、工夫された叙述構成でコンパクトに解説を施す。

学部での演習・講義を念頭におき、厳選した憲法の主要論点50を解説したテキスト。事例での【設問】を付し、その【設問の意味】を探り、そこに含まれている論点を簡潔に摘示。さらに詳細に内容的な検討として【要点の解説】をし、認識を深めるべく【自習問題】【参考判例】【参考文献】で学生の自習研究に資する。演習用・自習用のテキストとして最適。

[第1部 人権]

1 外国人の人権
2 法人と人権
3 公務員の人権
4 子どもの人権
5 幸福追求権
6 プライバシーの権利
7 法の下の平等
8 家族生活における自由と平等
9 良心の自由
10 信教の自由
11 表現の自由─芸術の自由
12 表現の自由─取材・報道の自由と知る権利
13 表現の自由─集会・結社の自由
14 情報公開
15 学問の自由と大学の自治
16 適正手続
17 死刑と残虐な刑罰
18 職業選択の自由
19 財産権の制限と補償
20 生存権
21 環境権
22 教育を受ける権利
23 労働基本権
24 選挙権
25 請願権保障の憲法的意義
26 国家賠償請求権

[第2部 統治]

27 国民主権と国民代表制
28 象徴天皇制
29 権力分立
30 二院制
31 政党と公費助成
32 国会議員の議員特権
33 国政調査権の行使とその限界
34 国会の条約承認権
35 議院内閣制
36 内閣総理大臣の地位と権能
37 衆議院の解散権
38 委任立法の限界
39 司法権の独立
40 最高裁判所長官の国民審査
41 違憲審査制
42 司法権の限界
43 租税法律主義
44 予算と法律
45 地方自治の本旨
46 法律と条例
47 地方自治特別法の住民投票
48 平和主義
49 平和的生存権
50 憲法改正

判例索引
事項索引