社会科学のパラダイム論争―2つの文化の物語

個数:
電子版価格
¥4,180
  • 電書あり

社会科学のパラダイム論争―2つの文化の物語

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月22日 12時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 314p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326302420
  • NDC分類 307
  • Cコード C3031

出版社内容情報

少数の事例過程分析に傾きやすい定性的手法と多数事例間の計量分析に偏る定量的手法。この2つの手法は、なぜこんなに「違う」のか? 事例の扱い方、因果モデルの作り方、データの読み方……あらゆる面で方法論を分断してきた「大きな溝」の理由を解き明かす現代の古典を、ついに完訳! 推薦文献の紹介も充実。

内容説明

定性的手法と定量的手法なぜこんなに「違う」のか?事例の扱い方、因果モデルの作り方、データの読み方…あらゆる面で方法論を分断してきた「大きな溝」の理由を解き明かす必読書!推薦文献の紹介も充実。

目次

第1部 因果モデルと因果推論(結果の理由 対 原因の効果;因果モデル;非対称性;ヒュームの因果論とその2つの定義)
第2部 事例過程分析(事例過程分析 対 事例比較分析;因果メカニズムと過程追跡;反実仮想)
第3部 概念と測定(概念:定義・指標・誤差;意味と測定;意味論・統計学・データの変形;概念上の対義語と分類枠組み)
第4部 研究設計と一般化(事例選択と仮説検証;一般化;射程;結論)

著者等紹介

ガーツ,ゲイリー[ガーツ,ゲイリー] [Goertz,Gary]
ミシガン大学大学院博士課程を修了、Ph.D.(政治学)を取得。アリゾナ大学政治学部教授などを経て、ノートルダム大学クロック研究所教授。専門は国際政治、定性的方法論

マホニー,ジェイムズ[マホニー,ジェイムズ] [Mahoney,James]
カリフォルニア大学バークレー校大学院博士課程を修了、Ph.D.(政治学)を取得。ブラウン大学社会学部准教授などを経て、ノースウェスタン大学社会学部・政治学部教授。専門は比較歴史分析、定性的方法論

西川賢[ニシカワマサル]
慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程を修了、博士(法学)を取得。日本国際問題研究所研究員などを経て、津田塾大学学芸学部准教授。専門はアメリカ政治

今井真士[イマイマコト]
慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程を修了。日本学術振興会特別研究員(PD)を経て、文教大学国際学部非常勤講師。専門は比較政治、政治体制論、中東研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ベア

0
難しかった。2022/06/13

Madeline Usher

0
methodologyの研究としての名著です。素晴らしい2020/06/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9790419
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。