ディープ・アクティブラーニング―大学授業を深化させるために

個数:

ディープ・アクティブラーニング―大学授業を深化させるために

  • ウェブストアに33冊在庫がございます。(2017年11月23日 12時48分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 274p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784326251018
  • NDC分類 377.15
  • Cコード C3037

内容説明

ディープ・アクティブラーニングを生起するためのカリキュラム、授業、評価、学習環境のヒントを、理論と実践に即して示す。

目次

第1部 ディープ・アクティブラーニングの理論的基盤(アクティブラーニングの現在―アクティブラーニング論から見たディープ・アクティブラーニング;学生の関与の重要性―関与の条件‐大学授業への学生の関与を理解し促すということ;学習対象へのフォーカス―学習の教授学理論に向けて;協同学習と学生の成長―協同による活動性の高い授業づくり‐深い変化成長を実感できる授業をめざして)
第2部 さまざまなフィールドでの試み(初修物理学―理解か、暗記か?‐私たちは正しいことを教えているのか;哲学―コンセプトマップを使った深い学習‐哲学系入門科目での試み;教員養成―意味のある学習を意識した授業デザイン‐教師としての素養を学び磨くというストーリー;歯学―教室と現場をつなぐPBL‐学習としての評価を中心に;リーダーシップ教育―新しいリーダーシップ教育とディープ・アクティブラーニング)

著者紹介

松下佳代[マツシタカヨ]
京都大学高等教育研究開発推進センター教授。京都大学博士(教育学)。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程単位取得退学。京都大学教育学部助手、群馬大学教育学部助教授、京都大学高等教育教授システム開発センター助教授を経て、2004年より現職。専門は、教育方法学、大学教育学。とくに能力、学習、評価をテーマに研究と実践を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)